現在の位置

公民館We部(うぇぶ)

公民館We部(うぇぶ)って?

公民館の役割は、つどう・まなぶ・むすぶに集約されると言われます。

コロナウイルス感染拡大防止のため、場に「つどう」ことが難しい状況が続いています。

当館では、いつでも・どこでも・だれでもが自由に利用できる、今までのノウハウを生かした学習教材を継続的に提供していくことにしました。

その名も、「公民館We部(うぇぶ)」です。

We部のWeは、わたしたち(We)誰もが、ウェブ(WEB)上で、まなび、つどうことで、この場をきっかけに、今後何らかのかたちで「むすぶ」ができればという思いで命名しました。

まだ、未知数ではありますが、今後の展開にご期待ください。

伊丹市立中央公民館入門編 映画『ここから』(予告編)を観てみよう!

映画『ここから』は、2020年3月末に閉館した旧中央公民館での思い出を何らかの形で残したいという想いから、2019年11月開催の「公民館まつり」での上映を目標に、市民団体、公民館グループの方達、市民エキストラ等、多くの方々の協力を得て、一年がかりで完成した短編映画です。

映画のタイトル「ここから」は、ここ(公民館)からはじまった「人と人のつながり」を感じ、これからの生き方につなげていってほしいとの思いから決まりました。

当館は昭和24年に設置され、今日に至るまで、地域住民の生きがいづくり、人づくりの場としての役割を果たしてきました。

映画『ここから』予告編をご覧いただき、当館の雰囲気や「公民館」がどのような場所なのか、少しでも感じていただければ幸いです。

映画『ここから』フルバージョンは、貸出可能です。ご希望の方は、下記までご連絡ください。

伊丹市立中央公民館 664-0015 伊丹市昆陽池2-1 スワンホール内1階

電話: 072-784-8000、ファクス: 072-784-8001

公民館窓口開設時間:午前9時から午後5時30分

休館日:第1・3月曜日 (月曜日が祝日の場合翌日)、年末年始 (12月29日から翌年1月3日まで)

伊丹市立中央公民館入門編 映画『ここから』(予告編)