動物の飼育

犬の登録と狂犬病予防注射

生後91日以上の飼い犬は、狂犬病予防法に基づき、犬の所有者は取得日より30日以内に、必ず登録の手続きをしてください。狂犬病予防注射は、毎年4月から6月30日までに、狂犬病予防注射を受けなければなりません。年1回必ず受けさせてください。お近くの獣医科病院で受けてください。

(本ページ下部の獣医師会名簿を参照してください。)

なお、犬の登録は、平成7年4月から生涯1回の登録となっています。

すでに死亡、移動等で犬がいない場合や、今後いなくなった場合には、必ず生活環境課まで連絡して下さい。

令和5年の「狂犬病予防注射(集合注射)」は 中止 です。

4月に予定していました狂犬病予防注射の集合注射は、中止いたします。

伊丹市獣医師会所属の動物病院では、犬の登録と狂犬病予防注射を併せて受けることができます。

伊丹市獣医師会所属の動物病院はこちら

伊丹市獣医師会所属以外の動物病院で接種を受けた場合は、注射を受けた証明書を持参し、生活環境課で狂犬病予防注射済票の交付手続きをしてください。

狂犬病予防注射を受ける前に

1.犬をしっかりと服従させられる方がお連れのうえ、噛む恐れのある犬は、口輪をつけて下さい。あばれたりする場合は、事故防止のため、注射をお断わりすることがあります。

2. 原則として次の場合は注射できません。

ア. 現在病気治療中か妊娠中の場合

イ .以前に注射後体調が悪くなった場合

ウ. てんかん・アレルギー体質の場合

エ. 1カ月以内に他のワクチンを注射した場合

3. その他、心配のある方はかかりつけの獣医師にご相談ください。

狂犬病予防注射後の注意

1. 注射後2~3日は、アレルギー等の体質の変化に十分注意して下さい。

2. 注射後3~4日は、過激な運動やシャンプーは避けて下さい。

3. ノミ予防薬等の使用は、注意書きをよくお読み下さい。

4. 異常がある場合は、すみやかにかかりつけの獣医師に連絡し、指示に従って下さい。

犬の標識

下のマークは、「兵庫県動物の愛護及び管理に関する条例」第33条に規定されている【犬の標識】です。

この条例により、犬の飼い主さんは、玄関などの分かりやすいところに、左のマークを掲示することが義務付けされていますので、ダウンロードしてお使いください。

詳しくは、兵庫県「犬の飼い主の皆様へ」のページをご覧ください。

 

犬の標識

手数料の支払いについて

狂犬病予防注射に係る手数料の徴収事務を次のとおり委託しております。

1.委託先

伊丹市獣医師会

2.委託期間

令和5年4月1日から令和6年3月31日まで

3.委託内容

(1)犬の登録手数料徴収事務

(2)狂犬病予防注射済票交付手数料徴収事務

犬の正しい飼い方

  • 命ある犬の飼い主としての責任を自覚しましょう
  • 犬小屋やその周辺は、いつも清潔にしましょう
  • 犬の首には、鑑札、注射済票を必ずつけましょう
  • 鎖などにつないで飼いましょう(かみつきによる事故は、放し飼いが原因です)

散歩をさせるときの注意

  • 袋やスコップなどを持参し、犬のふんは必ず持ち帰ってください
  • 人に迷惑をかけないよう、犬を鎖などにつないでください
  • 玄関前など人家周辺でふん尿をさせないようにしてください
  • 道路・公園など公共の場所をふんで汚さないでください

飼い方に関する相談等

やむを得ず飼育できなくなった犬については、兵庫県動物愛護センターに相談してください。
飼い主のわからない犬や野良犬の場合は、兵庫県動物愛護センターに連絡してください。

相談・連絡先:兵庫県動物愛護センター
郵便番号661-0047 尼崎市西昆陽4丁目1-1
電話: 06-6432-4599

猫の正しい飼い方

国が定めた基準によれば、「猫を飼う場合、屋内で飼うように努め、それができない場合は、去勢・不妊手術などの繁殖制限の措置を講じること。また、猫に名札などを着けて飼い主の責任の所在がわかるようにすること。」とされています。
鳴き声・ふん尿などで、ご近所の迷惑に成らないよう、屋内で飼いましょう。

飼い方に関する相談等

やむを得ず飼育できなくなった猫・飼い主のわからない猫については兵庫県動物愛護センターに相談してください。

相談先:兵庫県動物愛護センター
郵便番号661-0047 尼崎市西昆陽4丁目1-1
電話: 06-6432-4599

兵庫県動物愛護センターの周辺地図

地図情報

この記事に関する
お問い合わせ先

市民自治部まちづくり室生活環境課
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所4階)
電話番号072-781-5371 ファクス072-784-8048