伊丹市の公共施設の現状について

更新日:2021年10月20日

1. 建物延床面積(2021年4月1日現在)

令和3(2021)年4月1日現在、本市が保有する公共施設(建築物)の延床面積は60.9万平米で、市民一人あたり3.07平米となっています(本年4月1日現在の推計人口198,141人)。学校教育施設が40.4%(24.6万平米)、次いで住宅施設(市営住宅)が18.4%(11.2万平米)となっており、この2つで全体の約59%を占めています。
 

2. 建物延床面積(推移)

平成22(2010)年度以降の施設分類別建物延床面積の推移は、図2に示すとおりです。

3. 築年数

築年数別の延床面積の割合は図3に示すとおりです。築30年以上の建物が78%、20~30年の建物が15%、20年未満の建物が7%となっています。
用途別にみると、築年数が30年以上の建物が60%以上を示す用途は、行政系施設、集会施設、学校教育施設、住宅施設、スポーツ・レクリエーション施設および公営企業施設となっています。
整備年代別にみると、1970~80年(昭和40年代~50年代)の高度経済成長期にかけてと、1996年(平成8年)以降の震災復興事業の実施時期において、集中的に整備されています。特に高度経済成長期においては、学校教育施設や住宅施設が多く整備されています。
 

この記事に関する
お問い合わせ先

総合政策部政策室施設マネジメント課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-780-4345 ファクス072-784-8008