伊丹市行財政プラン(平成28年度~平成32年度)

伊丹市行財政プラン(平成28年度~令和2年度)

人口減少社会、公共施設の老朽化、地方創生など、地方を取り巻く環境が大きく変化する地方公共団体の行財政運営は、将来を見据えた経営能力が重要視されるとともに、自主的・自立的な財政運営が求められています。また、複雑化、多様化する行政需要のすべてに対応することは容易ではないことから、限られた財源を最大限有効かつ計画的に活用する効率的で効果的な財政運営を行っていく必要があります。

本市では、行財政プランを策定し、「将来を見据えた持続可能な行財政運営~30年先も早期健全化団体に陥らないための財政基盤の構築~」を基本理念とし、計画期間である平成28年度から令和2年度において、積極的に取組を行っていきます。

概要

本文

1.地方自治体を取り巻く環境の変化

2.これまでの行財政改革の取組

3.伊丹市の財政状況

4.中長期の財政収支見通し

1.基本方針

2.新たな行財政改革

3.成長戦略のリスク管理

1.魅力ある都市経営

2.公共施設マネジメントの推進

3.効率的な行政経営

4.健全な財政運営

1.財政規律

2.財政指標の目標

○一括ダウンロード

策定経過

この記事に関する
お問い合わせ先

財政基盤部財政企画室経営企画課
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8027 ファクス072-784-8029