平成30年10月1日IoT内蔵自動販売機で子どもの見守り実現に向け協定締結

更新日:2021年03月31日

<平成30年10月1日報道資料>

伊丹市と株式会社NTTドコモ、株式会社ミマモルメは、官民協働事業として、IoTであるビーコン受信器を内蔵した自動販売機(以下、「ミマモルメ自販機」という。)を開発・設置することに合意し、協定を締結し、子どもの見守りに協力して取り組みます。伊丹市内に整備された1,000台の安全・安心見守りネットワークに加え、この自動販売機を設置することにより、市が負担することなく使用料を徴収しながら子どもの見守りを充実・強化し、さらなる安全・安心なまちを目指します。

1 役割分担について
伊丹市の役割
伊丹市内でのミマモルメ自販機設置を推進する。
株式会社NTTドコモの役割
ミマモルメ自販機用通信機材を開発する。
伊丹市が行う広報活動に協力する。
株式会社ミマモルメの役割
ミマモルメ自販機用通信機材を開発する。
伊丹市が行う広報活動に協力する。

2 設置場所
伊丹市立伊丹スポーツセンター
(注意)設置にあたっては、入札によりミマモルメ自販機設置事業者を決定し、
使用料を伊丹市に納めていただきます。

3 設置台数
2台

4 協定締結日
平成30年10月1日(月曜日)

5 設置日
平成30年12月1日(土曜日)

プレス内容

報道資料 (PDF:260.5KB)

この記事に関する
お問い合わせ先

都市交通部交通政策室都市安全企画課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8055 ファクス072-780-3531