「電力自由化」ってなに?

更新日:2021年03月31日

平成28年4月15日号の広報伊丹に掲載

相談

最近テレビなどで、「電力自由化」と聞くが、どういうことなのか。 (50代、女性)
 

回答

「電力自由化」とは、平成28年4月1日から電気の小売業への参入が、完全に自由化されたことです。
つまり、消費者は電気の契約先を地域の電力会社だけでなく、新規参入した小売電気事業者からも自由に選ぶことができるようになりました。

なお、電気の小売事業者は、国への登録が必要です。資源エネルギー庁ホームページに「登録小売事業者一覧」が掲載されています。

契約先を変更しても、今までと同じ送配電網を使うので、電気の品質や信頼性は変わりません。
また、手数料やメーター変更工事料など、変更に伴う費用は基本的にかかりません。

契約先を変更しなければ、今まで通り地域の電力会社から電気が供給されます。

契約先を変更するときには、電気代が安いだけで安易に決めず、次のことを確認するようにしましょう。

  1. 登録している事業者か
  2. 自分に合った料金プランやサービスか
  3. 不要な商品やサービス契約とセットで値引きになっていないか
  4. 契約期間が決まっているのか
  5. 契約期間途中で解約すると違約金が発生しないか、など

訪問販売や電話勧誘販売で、電気の契約をした場合、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフ(無条件契約解除)ができます。
それぞれの生活スタイルなどに合わせて選ぶためには、情報を収集し、よく比較検討する必要があります。
あわてて契約する必要はありません。契約は慎重にしましょう。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895伊丹市宮ノ前2-2-2伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811