衣類の「取扱い表示」が変わりました

更新日:2021年06月10日

平成28年12月15日号の広報伊丹に掲載

新しい洗濯表示

2016年12月1日から衣類の取扱い表示(洗濯表示)が変わりました。
国内外で表示が統一されたことにより、消費者が衣類などを購入する際の利便性が高まると期待されています。

新しい表示は、5つの「基本記号」と「付加記号」や、水温を示す数字の組み合わせで構成されています。
記号で表せないアイロンの当て布などは、事業者が任意で文章により付記します。

表示は、今までの「推奨表示」とは違い、「取り扱い方の上限」を表しています。
そのため、表示よりも強い作用での洗濯や、高い温度でのアイロンがけは、衣類を傷める可能性があります。

新しい洗濯表示

記号のデザインが変わっただけではなく、記号の持つ意味も変わりました。衣類の購入や洗濯の際には新しい洗濯表示を活用しましょう。
不明な点は消費生活センターにお問い合わせください。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895伊丹市宮ノ前2-2-2伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811