〔次回予告〕 プラネタリウム 春のレギュラー投影 (仮)「星空を見上げて~青龍・玄武・白虎・朱雀~」

更新日:2022年12月05日

春のプラネタリウム(レギュラー投影 約50分)2023年3月11日(土曜)~5月31日(水曜)

『今夜の星空案内』+ (仮)『星空を見上げて~青龍・玄武・白虎・朱雀~』

『今夜の星空案内』(前半)

今夜、どのような星が見えているのか、星空を見上げていきます。

満天の星空の下、春の星座などを探していきましょう。

テーマ:(仮)『星空を見上げて~青龍・玄武・白虎・朱雀~』(後半)

日本では江戸時代まで、「おおぐま座」「しし座」などの現在使われている星座とは全く違う、中国をルーツとする独自の星座が使われていました。春のプラネタリウム投影では、私たちの先祖と星々の関わりについて紹介していきます。

プラネタリウムの星空に、4つの巨大な神獣の星座(四神・四獣・四象という。)が姿を現します。お楽しみに。

この記事に関する
お問い合わせ先

教育委員会事務局こども未来部こども文化科学館
〒664-0839伊丹市桑津3-1-36
電話番号072-784-1222 ファクス072-772-0778