現在の位置

高額(介護予防)介護サービス費

一ヶ月に利用した介護保険サービスの、利用者負担の合計額(同一世帯内に複数の利用者がいる場合には世帯合計額)が高額になり、限度額を超えた場合には、申請により限度額との差額が「高額介護(介護予防)サービス費」として後から支給されます。

ただし、サービス利用にかかる居住費(滞在費)・食費・その他の日常生活費など介護サービス以外の費用は、高額介護サービス費の算定対象には含まれません。

対象者には、介護保険課からお知らせと申請書が送付されます。

利用者負担の上限額(平成29年8月1日から)

所得区分(利用者負担段階区分) 国基準限度額

現役並み所得相当

(課税所得145万円以上)(※1)

44,400円
一般(市民税課税世帯)

44,400円

年間上限額の設定(※2)

(ただし、1割負担者のみの世帯が対象)
市民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円超 24,600円
市民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円以下 15,000円

1)市民税非課税世帯で老齢福祉の年金受給者

2)生活保護の受給者

15,000円

※1 「現役並み所得相当の人」のうち、以下の条件の場合、「一般」の所得区分に変更ができます。(申請が必要)

住民票上の同一世帯内の第1号被保険者(65歳以上の人)の収入について、

・1人のみの場合383万円未満  ・2人以上の場合520万未満

※2 年間上限額の設定(1割負担者のみの世帯)の考え方

  1割負担者(年金収入280万円未満等)のみの世帯については、過大な負担とならないよう、年間の負担総額が変更前の負担最大額を超えない仕組みとする。(3年間の時限措置)

年間上限額446,400円=37,200円(変更前の負担限度額)×12(月)

 

 

お問い合わせ先
健康福祉部地域福祉室 介護保険課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所1階)
電話番号072-784-8037 ファクス072-784-8006

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。