障がいのある方に対する軽自動車税の減免

更新日:2021年03月31日

伊丹市では、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の日常生活にとって不可欠な生活手段となっている軽自動車について、軽自動車税の減免を実施しています。

この他、公益のために直接専用するもの、または、構造上身体障害者等の利用にもっぱら供するためのものと認められる軽自動車についても、軽自動車税の減免を実施していますので、詳しくは市民税課にお問い合わせください。

 

減免の対象となる軽自動車

障がいのある方(以下「障がい者」)の移動手段としてもっぱら使用される次のいずれかの軽自動車が対象となります。なお、減免できる軽自動車は障がい者1人に対して1台(普通自動車を含みます。)までで、運転者が重複しない場合に限ります。
 

(1)  障がい者または障がい者と生計を一にする方が所有し、運転する軽自動車
(2) 障がい者のみの世帯の方が所有する軽自動車で、その方を常時介護する方が運転する軽自動車

(注意)減免申請時の現況によるため、障がい者のために過去使用していた場合や、将来において障がい者のために使用する予定である状況では、減免することができませんのでご注意ください。(例:申請時、障がい者が入院や福祉施設等に入所している場合は減免することはできません。)

 

減免申請の手続

【申請期限および申請場所】

申請期限 軽自動車税の納期限

 

 

申請場所 伊丹市役所市民税課

期限後に申請された場合は、減免の適用を受けることができませんのでご注意ください。

 

【減免申請に必要な書類等】

減免申請に必要な書類の要否について
  障がい者本人所有 障がい者と生計を一にする方が所有
本人運転 本人以外が運転 障がい者本人が運転 本人以外が運転

同居

(生計を一にする方)

別居

(常時介護者)

同居

(生計を一にする方)

別居

(常時介護者)

納税通知書
減免申請書

手帳(原本) (注意1)

納税義務者の印鑑

納税義務者の「マイナンバーカード」

または「個人番号通知カード+身元確認書類」

運転免許証

常時介護の申立書(注意2) 不要 不要 不要 不要

(注意1) 複数の手帳の交付を受けている場合(例:身体障害者手帳と療育手帳)は、手帳に受付印を押しますので、お持ちの手帳をすべて提示してください。

(注意2) 常時介護者運転について

・障がい者のみの世帯の方が所有する自動車が対象です。
・障害者のみの世帯とは、次の「減免の対象となる方の範囲」の表に掲げる障がい者のみで構成されている世帯をいいます。
・障害者のみの世帯である場合、世帯全員の手帳を提示してください。

減免の対象となる方の範囲

【身体障害者手帳または戦傷病者手帳の交付を受けている方】

減免の対象となる方の範囲について
障害の区分

身体障害者手帳

戦傷病者手帳

視覚障害 1級~4級 特別項症~第4項症
聴覚障害 2級~4級 特別項症~第4項症
平衡機能障害 3級・5級 特別項症~第4項症
音声機能障害(咽頭摘出による音声機能障害がある場合に限る。) 3級 特別項症~第2項症
上肢不自由 本人所有かつ本人運転の場合 1級~6級 特別項症~第6項症・第1款症~第3款症
上記以外の場合 1級~3級 特別項症~第5級
下肢不自由 1級~6級 特別項症~第6項症・第1款症~第3款症
体幹不自由 1級~3級・5級 特別項症~第6項症・第1款症~第3款症
乳幼児期以前の日進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 本人所有かつ本人運転の場合 1級~6級
上記以外の場合 1級~3級
移動機能 1級~6級
心臓、じん蔵、呼吸器、ぼうこう、直腸または小腸の機能障害 1級・3級・4級 特別項症~第5項症
肝機能障害 1級~3級 特別項症~第3項症
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級~3級

 

【療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方】

療育手帳 重度(A)または中度(B1)

精神障害者保健福祉手帳 1級

 

この記事に関する
お問い合わせ先

財政基盤部税務室市民税課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-784-8022 ファクス072-784-8029