広域連携の取り組み

更新日:2021年05月18日

阪神地域の自治体や交通事業者と連携し、公共交通の利用促進など取り組みを推進しています。また、高速道路や鉄軌道沿線の自治体と連絡協議会を設置し、地域の交通の現状や課題等について、定期的な情報交換を行っています。

阪神都市圏公共交通利用促進会議

兵庫県阪神北県民局宝塚土木事務所が事務局となり、学識経験者、地域のNPO、関係行政機関、交通事業者等により構成する協議会を設置し、阪神地域の公共交通の利用促進に係る企画や情報交換等を行っています。また、会議では、バス利用者に必要な情報を掲載した「阪神地域えきバスまっぷ。」を企画・作成し、配布しています。 

中国縦貫自動車道等沿線協議会

本協議会は、中国縦貫自動車道の開通を契機として、沿線地域の振興を効果的に推進するため、調査及び情報の収集・交換等を行い、沿線地域の均衡ある発展に資することを目的に設置されました。
道路環境の改善や関連施設整備の促進、地域振興方策等の充実など、協議会に共通する課題等の解決を図るため、関係機関への提言や要望活動を展開しています。
本市では、市域北部を国道176号と併走する形で中国自動車道が横断しており、沿道地域への効果的な騒音対策として、遮音壁の設置や嵩上げ、低騒音舗装の点検、改修などを協議会を通じて設置者に要望しています。

JR福知山線(大阪~新三田間)沿線都市連絡協議会

本協議会は、沿線地域の振興と地域住民の利便を向上するため、本線の整備拡充と輸送力の増強を図ること目的に設置されました。
本市では、市域の東部を南北に路線が走っており、JR伊丹駅およびJR北伊丹駅の2駅が設置されています。
安全・安心な鉄道輸送の確保や沿線地域の環境対策、鉄道駅のバリアフリー化など、要望事項について協議会で連絡・調整を行い、鉄道事業者に対して要望活動を行っています。

兵庫県地域公共交通MaaS推進協議会

本協議会は、兵庫県内の地域公共交通におけるMaaS(注釈)の普及に向けた基盤づくりに役立つ事業を展開することにより、日常生活や観光地における利便性向上を図ることを目的に設置されました。
県下市町におけるMaaSに関連する事業の実施や情報交換等を行っており、本市も協議会と連携しながら、MaaS等の新しい移動サービスの研究を行います。

(注釈)MaaS(マース)とは、Mobility as a Serviceの略称であり、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせ、スマートフォン等から検索・予約・決裁等を一括で行うサービスのこと。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市交通部交通政策室交通政策課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8052 ファクス072-780-3531