現在の位置

伊丹市教育大綱

「教育大綱」とは

「教育大綱」とは、「地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策について、その目標や施策の根本となる方針」であり、市長が策定します。

この度、3回にわたる「総合教育会議」において、市長と教育委員会が教育について率直に意見交換し、大綱策定に向けた議論を重ねて協議・調整を行い、「伊丹市教育大綱」を策定しました。

伊丹の未来を担う人が育つまちを実現するため、「伊丹市教育大綱」に掲げる目標や方針に基づいた様々な施策により、教育行政をさらに推進します。

伊丹市教育大綱

伊丹市教育大綱は、「基本大綱」と「重点大綱」で構成しています。

基本大綱

伊丹市の教育行政は、「総合計画(第5次)」の教育に関する政策目標等に基づき、様々な施策に取り組んでいます。

そこで、「総合計画(第5次)」の教育に関する政策目標等を、教育行政における基本的な大綱、つまり、「基本大綱」と位置付けました。

※「基本大綱」の具体的な内容は、総合計画(第5次)で示します。

子どもたちが園庭で遊ぶ姿

重点大綱

社会情勢の変化や多様化する市民ニーズ、また、新たに生じる課題等に対して、教育行政は、柔軟にかつ的確に対応しなければなりません。

そこで、「基本大綱」のうち、今後、重点的に取り組む課題等について、その施策の「目標」と「方針」を、教育行政における重点的な大綱、つまり、「重点大綱」と位置付けました。

この「重点大綱」には、今後、重点課題として取り組むべき施策の「目標」と「方針」を、次のように掲げました。

施策の目標

安全に、安心して学べる教育環境で、伊丹の未来を担う人材の育成

施策の方針

方針1

「学び」の基礎となる確かな学力の向上と、豊かな心と健やかな体を育む学校教育を推進します。

方針2

安全に、安心して学べる教育環境を創出し、地域ぐるみで子どもの「学び」と「育ち」を支援します。

方針3

特色ある教育や魅力ある学校園づくりに取り組み、「伊丹ならではの教育」を推進します。

教育大綱のイメージ

伊丹市教育大綱を図示したイメージ画像

教育大綱の期間

「伊丹市教育大綱」が対象とする期間は、「総合計画(第5次)」の期間と合わせ、大綱を策定した、平成27年度から平成32年度までの、6年間とします。

伊丹市教育大綱

「伊丹市教育大綱」は、下記のファイルをご覧ください。

伊丹市教育大綱(PDF:1MB)

 

「基本大綱」である「総合計画(第5次)」は、こちらからご覧ください。

伊丹市総合計画(第5次)

市民の皆さまへ

「伊丹市教育大綱」は、市民の皆さまをはじめ、広く、市外へも公表します。

今後、「伊丹市教育大綱」に基づいて、様々な施策や事業などに取り組むとともに、その成果について、教育に関わるすべての人が、積極的に「アピール」することとしています。

「教育」を、新たな「伊丹ブランド」として広くアピールし、「選ばれるまちづくり『伊丹創生』の実現」にもつなげてまいりますので、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

「伊丹創成」をアピールする伊丹市マスコットたみまるの図

お問い合わせ先
総合政策部政策室
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8007 ファクス072-784-8008

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。