現在の位置

ひょうご保育料軽減制度のご案内(保育所・認定こども園・事業所内・小規模・新制度に移行した私立幼稚園)

伊丹市では、子育て家庭の支援を通じて、子育てしやすい環境づくりを推進するため、対象施設を利用する子どもの利用者負担額の一部を助成し、経済的負担の軽減を図ります。

0から2歳児クラスの第1子

補助対象

次の全ての要件を満たす世帯


A.0から2歳児クラスの第1子が2・3号認定を受けて、

    公私立保育所(園)・公私立認定こども園・

    事業所内・小規模保育事業実施施設に通っている。

B.第1子の保育料が月額5千円を超えている。

C.ひとり親世帯・障がい者がいる世帯に該当しない

D.以下の所得要件を満たす世帯。

 

所得要件

市民税所得割額(一部税額控除適用前)が57,700円未満が対象。


※4月分から8月分までは平成30年度、

  9月分から3月分までは令和元年度(2019年度)の市民税所得割額

 

助成月額

次のA・B・Cのうち、最も低い額を助成月額とする。


A.10,000円
B.保育料(月額)の2分の1
C.保育料(月額)から5,000円をひいた額 (100円未満端数は切捨)

 

補助対象の保育料

2019年10月~2020年3月利用分の保育料

 

0~3歳児クラスの第2子以降

補助対象

次の全ての要件を満たす世帯


A.0から3歳児クラスの第2子以降が、

    公私立保育所(園)・公私立認定こども園・

    事業所内・小規模保育事業実施施設・

    新制度に移行した私立幼稚園に通っている。

B.第2子以降の子どもの保育料が月額5千円を超えている。

C.国の規定に基づき、複数子どもがいることによる優遇措置を受ていない。

    (例:保育料がきょうだいで利用する場合の最年長の子どもから

      順に2人目は1人目の半額、3人目以降は無料等)

D.以下の所得要件を満たす世帯。

所得要件

市民税所得割額(一部税額控除適用前)が

1号認定(教育)子どもは169,000円未満の世帯、

2・3号(保育)認定子どもは155,500円未満が対象

 

ひとり親世帯、障がい者のいる世帯については2・3号(保育)認定子どもでも所得割額169,000円未満を対象とします。

※4月分から8月分までは平成30年度、9月分から3月分までは令和元年度(2019年度)の市民税所得割額

 

助成月額

4月から9月分

次のA・Bのうち、どちらか低い方を助成月額とする。

 A.

   (第2子の子ども)

    0から2歳児クラスは6,000円、3歳児は4,500円

   (第3子以降の子ども)

    0から2歳児クラスは7,000円、3歳児は5,500円

   B.

    保育料(月額)から5,000円を引いた額 (100円未満端数は切捨)

 

10月から3月分 (0から2歳児クラスのみ)

次のA・B・Cのうち、最も低い額を助成月額とする。
 A.15,000円
 B.保育料(月額)の2分の1
 C.保育料(月額)から5,000円を引いた額 (100円未満端数は切捨)

 

補助対象の保育料

2019年4月~2020年3月利用分の保育料

(ただし、3歳児・0から2歳児クラスの非課税世帯については、10月以降無償化の為、2019年4月~2019年9月利用分の保育料のみ)

 

申請方法


助成の要件を満たし本事業の申請をされる方は、以下の書類を令和2年2月7日(金)までに利用施設(退園や利用施設が市外の施設の場合等は伊丹市役所 4階 教育保育課)まで提出してください。


※交付決定は、5月中旬頃を予定しています。

利用案内および申請書

ご案内(PDF:433.5KB)

申請書(PDF:347KB)

記入例(PDF:407.6KB)

お問い合わせ先
教育委員会事務局こども未来部幼児教育保育室教育保育課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-744-2261、072-784-8035 ファクス072-780-3527