現在の位置

家庭教育推進事業

クローバーちゃん

クローバーちゃん

伊丹市では、「教育の原点は家庭にある」という視点に立って、家庭教育4つの基本

(1)家庭は心の庭
 家庭は、家族がふれあい、一人ひとりが家族の一員として安心と喜びを感じ、心がやすらぐ場であることが大切です。

(2)家庭は感性を育む泉
 家庭は、家族との多くの体験を通して思いやりや豊かな感性を育てる場です。

(3)親は最初に出会う教師
 家庭は、善悪の判断、生活に必要な基礎技術などをしっかりと身に付け、社会に踏み出す第一歩としての機能を担います。

(4)親は言葉の良きキャッチャー
 家庭は、家族との会話や一緒に過ごすことを通してコミュニケーション能力を育む場です。

を、提言しています。

クローバーちゃんは、家庭教育の充実を願い、幸せの4つ葉のクローバーから生まれました。

家庭教育推進事業

1.家庭教育を市民ぐるみで推進する

家庭教育支援を市民みんなの課題とし、「人づくり・まちづくり」としての家庭教育を一層展開するため、家庭教育ボランティア登録や講師派遣事業を積極的に進める。

「家庭の日」だんらんホリデー事業を充実させるため、学校園をはじめ、地域や市民団体、企業などの各団体に広く呼びかけながら、市民各層の幅広い事業参加と啓発に努める。

だんらんホリデーについては次の添付ファイルも参照してください。

だんらんホリデー10月号(PDF:1.1MB)

10月だんらんホリデー協賛店一覧(1)(PDF:146KB)

10月だんらんホリデー協賛店一覧(2)(PDF:173.6KB)

2.家庭教育の学習機会や交流の機会の一層の充実に努める

  1. 草の根家庭教育推進事業(乳幼児健診時における家庭教育支援・就学前家庭教育学級・思春期家庭教育学級)や「家庭教育出前講座」を充実し、家庭教育の学習機会の少ない親にも配慮した学習の場を提供する。
  2. 男女共同参画社会の基本として、父親の家庭教育参加を積極的に啓発する。
  3. 家庭教育アドバイザー事業(子育て支援課・学校教育室と連携)を公立幼稚園で実施し、就園前の親同士の交流の場とするとともに、子育てやしつけの不安や悩みを解消するよう努める。

 3.地域における家庭教育支援ネットワークづくりを推進する

家庭・地域・学校園・行政が協働する「家庭・子ども支援地域ネットワーク」(すこやかネット事業)を実施する。

(平成16年度2地区、平成17年度2地区、平成18年度1地区、平成19年度2地区、平成20年度1地区 )

「家庭・子ども支援地域ネットワーク」事業(すこやかネット事業)

社会教育課で取り組んでいる事業

「学習機会の充実」並びに「相談システムの充実」

  • 4ヶ月児健診時家庭教育支援事業
  • 3歳児健診時家庭教育支援事業
  • 就学前家庭教育学級
  • 思春期家庭教育学級
  • 家庭教育出前講座・講師派遣事業
  • 家庭教育ボランティア研修会
  • 家庭教育アドバイザー事業

乳幼児健診時家庭教育支援

就学前家庭教育学級・思春期家庭教育学級

小学校の一日入学、中学校の入学説明会において、家庭教育学級をこの機会に改めて家庭・家族のことを考えてもらう学習の機会として実施しています。

平成29年度家族っていいな (PDF:1MB)

平成29年度どんとこい思春期 (PDF:1.2MB)

就学前家庭学級(腹話術) (PDF:414.3KB)

腹話術の様子(ヨッシーさん)

就学前家庭教育学級の様子(ヨッシー花丸さんの腹話術)

腹話術の様子(イエローさん)

就学前家庭教育学級の様子(Missイエローさんの腹話術)

 

家庭教育ボランティア研修会

市民ぐるみの家庭教育を推進するため、家庭教育推進連携支援委員や家庭教育推進ボランティア向けの研修会を開催します。
家庭や地域の教育力の向上を担うボランティアの発掘に努め、家庭教育の啓発・実践者として地域の行事や活動に参画できる環境づくりを進めていきます。

市民との協働

  • 家庭・子ども支援地域ネットワーク(すこやかネット)事業
  • 「家庭の日」だんらんホリデー事業

市民ぐるみの推進体制づくり

  • 家庭教育推進連携支援委員会
  • 家庭教育庁内推進幹事会
  • 家庭教育登録ボランティア

子育ての環境づくり

  • 放課後こども教室事業
お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。