第6回日本一短い自分史結果発表

大賞に成田市の小野寺さん

自分史

伊丹市立図書館ことば蔵は、「今までで一番半端ない出来事」をテーマに、「第6回日本一短い自分史」の作品を募集。大賞に千葉県成田市のパート、小野寺さんの作品「ああ、新聞紙!」を選びました。

日本一短い自分史の募集は平成25年度から始まり、今回が6回目の開催となります。9月1日から募集し、市内外から計240点の応募がありました。今回も坪内稔典・柿衞文庫理事長、永吉雅夫・追手門学院大学教授、中周子・大阪樟蔭女子大学教授の審査により、大賞と秀作が決定。大賞に選ばれた小野寺さんには商品として5千円分の図書カードが贈られ、郷土紙「伊丹公論」復刊23号に全文が掲載されました。

大賞を受賞した小野寺さんは「40年間封印していたバイクを、3年前にまた始めました。そして、一昨年の夏、念願の北海道ソロツーリングに行きました。数々の素晴らしい景色、誰もいないまっすぐに伸びた道路……感動の連続でした。好きな場所で心ゆくまで景色を楽しみ、疲れたら休む、そんな気ままな旅でした。6月の北海道は思った以上に寒かったけど、新聞紙を体に巻くのは止めておきました」と、受賞後のエピソードを話してくれました。

大賞

小野寺さん(PDF:163.9KB)

秀作

尾朝さん(PDF:181.5KB)

森永さん(PDF:149.2KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部市立図書館「ことば蔵」(交流事業・貸室担当)
〒664-0895伊丹市宮ノ前3-7-4
電話072-784-8170 ファクス072-784-8169
【開館時間】平日:午前9時半~午後8時 土・日曜、祝・休日:午前9時半~午後6時
【休館日】月曜日、12月29日~1月3日
【図書整理日等】第1木曜(祝・休日除く)、特別整理期間(6月)は図書サービスが利用できません。1階・4階はご利用いただけます。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。