現在の位置

12月19日の中学校給食は「冬至献立」でした

令和元年(2019年)12月22日(日曜日)の冬至に合わせて、12月19日(木曜日)の給食は冬至献立をご用意しました。
冬至とは、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。この日を境に少しずつ昼が長くなっていくことから、昔は太陽が生まれ変わり、運が向くと考えられていました。この冬至の日に、「ん」のつく食べ物を食べると運がつくといわれ、「ん」が2個つけば運も倍増すると考えられており、そのような食べ物を「冬至の七種(ななくさ)」と呼びます。
冬至の七種には、なんきん(かぼちゃ)、れんこん、にんじん、きんかん、ぎんなん、かんてん、うんどん(うどん)があり、給食にはこのうち5つを使用しています。皆さんは、冬至の七種を見つけることができましたか?

山梨県の郷土料理であるほうとう汁には「なんきん(かぼちゃ)」を入れることが多いです。
「うんどん(うどん)」によく似ている、ほうとうの麺を使用します。私たちがよく食べているうどんに比べ、幅が広く平たいのが特徴です。
「にんじん」など様々な具材が入った汁に、ほうとうの麺を入れ一緒に煮込んだら完成です。
かきあげはフライヤーで揚げていきます。
柚香和えに使う「れんこん」です。いつもはいちょう切りで使うことが多いですが、この日は輪切りのものを使用しました。
柚子果汁などを混ぜた調味料と和えたら、柚香和えの完成です。
冬至献立の完成です。デザートには「きんかん」がつきました。初めて食べる人も多かったのではないでしょうか??
掲示物を作成し、各中学校へ配布しました。
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046