道路反射鏡(カーブミラー)の設置について

更新日:2022年11月29日

カーブミラーは、道路の見通しの悪い交差点やカーブなど、車両と車両の交通事故が発生する可能性の高い場所に、目視による安全性を確認するための補助施設として設置するものです。

死角、遠近感が分かりにくい等の鏡の特性上のデメリットに加え、ミラーのみを注視して交差点での一時停止や徐行運転を怠る運転者が増加するため、設置については慎重に判断しています。

出典:国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/sesaku/jiko.html

zikoritu

カーブミラーの設置可否について

「カーブミラーの設置可否に関する判断基準の例」に掲載します。カーブミラーの設置は、地域の交通量に影響を与える恐れや近隣住民の方々の賛否両論の意見があるため、市への要望は原則自治会からとさせて頂いております。