現在の位置

新型コロナウイルス感染症への緊急対応策(まとめ)   第9弾~第12弾

伊丹市では、新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策や緊急事態宣言に伴う自粛要請の影響を受ける市民や事業者の皆さんを支援するための緊急支援策を行っています。

緊急対応策【第9弾】

これらに関連する予算議案は、令和2年(2020年)第4回市議会定例会に提出しました。

※令和2年9月23日、原案のとおり可決されました。


1.一般会計

予算規模:1,616,424千円 内、新型コロナウイルス感染症対策分 353,367千円

概  要

事業費

ペーパーレス施策推進事業

134,125千円

Web会議等推進事業

13,269千円

テレワーク等推進事業

43,400千円

民営バス感染拡大防止対策補助事業

700千円

シティプロモーション情報発信事業

5,555千円

グループウェア更新事業

 53,384千円

ICT施策推進事業(ヘルプデスク増員)

13,860千円

動画等制作装置導入事業

2,191千円

地図情報等のホームページ公開事業(統合型GISの活用)

5,645千円

医療機関・障害福祉サービス施設における感染拡大防止事業

5,257千円

訪問入浴サービス等体制強化事業

2,546千円

4か月児健診の個別健診化(延長)

6,924千円

新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業

4,060千円

コワーキングスペース等利用補助事業

4,277千円

ICTによるリモートワーク推進事業

248千円

建築計画概要書等窓口業務電子化事業

2,920千円

LINE防災アプリ導入事業(防災情報システム整備)

19,070千円

校務支援システム整備事業

3,003千円

子ども・子育て支援システム等改修事業

20,638千円

市営バス感染拡大防止対策補助事業

12,295千円

2.特別会計

【国民健康保険事業特別会計】

概  要

事業費

新型コロナウイルスの影響に伴う保険税の減免による払戻し・減額と国庫補助金等の増額

6,732千円

3.公営企業会計

【病院事業会計】

概  要

収 入

支 出

伊丹病院に勤務する医療従事者等へ慰労金を給付

214,400千円

214,400千円

【交通事業会計】

概  要

収 入

支 出

感染拡大防止対策経費に対する補助金の受け入れ等による収入の補正

21,352千円

- 千円

4.概要

令和2年度(2020年度)9月補正予算(案) (PDF:1.1MB)

 

緊急対応策【第10弾】

予算規模:(一般会計)114,359千円

これらに関連する予算議案は、令和2年(2020年)第4回市議会定例会に提出(追加議案)しました。

※令和2年9月23日、原案のとおり可決されました。


概  要

事業費

高齢者のインフルエンザ予防接種費用の無償化

114,359千円

概要

令和2年度(2020年度)9月補正予算(案) (PDF:217.4KB)

緊急対応策【第11弾】

これらに関連する予算議案は、令和2年(2020年)第6回市議会定例会に提出しました。

※令和2年12月23日、原案のとおり可決されました。


1.一般会計

予算規模:349,882千円 内、新型コロナウイルス感染症対策分 261,243千円

概  要

事業費

安全安心まちづくり基金積立金

3,336千円

デジタル化推進事業

7,425千円

指定管理者への管理運営協力金

72,040千円

阪神北広域こども急病センター管理運営支援金

100,000千円

口腔保健センター管理運営支援金

2,000千円

マイナンバーカードを活用したオンライン資格確認導入事業

 1,252千円

病院事業会計補助

12,198千円

CAD端末リモートシステム導入機器整備事業

6,430千円

救急隊員等感染防止資機材の整備

4,016千円

コロナ対応資機材の購入(サーモ式体温計の購入)

1,675千円

スクールカウンセラー活用事業

1,506千円

小・中・高等学校宿泊行事中止に係る企画料金等支援事業

4,120千円

学校園管理運営事業(光熱水費)

29,643千円

特別支援学校感染症対策支援事業

1,008千円

児童くらぶシステム更新事業

14,594千円

2.公営企業会計

【病院事業会計】

概  要

収 入

支 出

新型コロナウイルス感染症にかかる医療体制の強化

13,149千円

13,149千円

3.概要

令和2年度(2020年度)12月補正予算(案) (PDF:1.1MB)

緊急対応策【第12弾】

予算規模: - 千円

令和2年度の既決予算で対応します。


ひとり親世帯臨時特別給付金事業 

概  要

コロナ禍で困窮するひとり親世帯に対し、臨時特別給付金(基本給付)を年内に再支給します。

◆ 支給対象 ◆

令和2年12月11日時点で、次の1から3のいずれかに該当し、かつ、すでに基本給付の支給を受けている方

  1. 令和2年6月分の児童扶養手当を受給する者
  2. 公的年金等を受給しており、平成30年中の収入額が児童扶養手当の所得制限以下の者
  3. 感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が児童扶養手当を受給する水準となった者

◆ 支給額 ◆

  • 1世帯 5万円
  • 第2子以降1人につき3万円を加算

(例)子どもが2人いる場合

  (1人目) 5万円 + (2人目) 3万円 = 8万円

◆ 支給予定日 ◆

令和2年12月22日

 
お問い合わせ先
財政基盤部財政企画室財政企画課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-784-8028 ファクス072-784-8029

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。