現在の位置

シートベルト・チャイルドシート着用で、大切な命を守りましょう。

平成28年9月1日~9月15日はシートベルト着用啓発推進期間です。

道路交通法では、全ての座席のシートベルト着用が義務付けられています。

シートベルト・チャイルドシートの正しい着用は、自動車乗車中の交通事故発生に際して、被害の軽減に高い効果があります。後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を徹底し、自動車乗車中の交通事故死傷者を減少させましょう。

後部座席シートベルトを着用しましょう。

シートベルト非着用者の車外放出の場合は着用者の約21倍

 

後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、

1.車内で全身を強打する可能性があります。

2.車外に放り出される可能性があります。

3.前席の人が被害を受ける可能性があります。

 

今年度もステップ方式による「シートベルト着用啓発事業」を実施します。 

実施概要

  1. シートベルト着用促進の広報啓発
  2. シートベルト着用街頭指導
  3. シートベルト着用率効果測定

(期間を定めて1.2.3.を繰り返し2回実施する。)

昨年(平成27年)の調査結果

第1回調査:平成27年6月26日(金曜日)

第2回調査:平成27年9月25日(金曜日)

 

・平成27年中の県内の交通事故死者 171人(前年対比 -11人)のうち、自動車乗車中の死者は44人(前年対比+1人)で、20人(45%)が、シートベルト非着用でした。

・上記、非着用者20人のうち、16人(非着用者の80%)の方はシートベルトを着用していれば死亡に至らなかったと推定されます。

・後部座席同乗者のシートベルト着用率は、県内平均で33.1%と、前年同時期調査と比較して3.3%増加しているものの、未だ4割に満たない状況です。

 

 

 

警察庁 全ての座席でシートベルトを着用しましょう

警察庁 子供を守るチャイルドシート

お問い合わせ先
都市交通部交通政策室都市安全企画課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8055 ファクス072-780-3531

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。