現在の位置

伊丹市の個人情報保護制度について

伊丹市では、個人の権利利益を保護するために、平成17年4月1日から個人情報保護条例を施行しています。この制度では、市の実施機関が取り扱う個人情報を保護するため、個人情報の適正な取扱いや個人情報の開示請求等を設けており、ホームページにおいてもこの制度に基づいた適正な取り扱いを行います。

 

伊丹市個人情報保護条例(PDF:172.1KB)

伊丹市情報セキュリティポリシー

 

個人情報取扱事務登録簿

「個人情報取扱事務登録簿」は、個人情報を取り扱う事務の概要を公開することにより透明性の確保を図るものです。
なお、「個人情報取扱事務開始届出書」は、市役所2階総務課で一般の閲覧に供しています。
 
個人情報取扱事務登録簿はこちら
 

個人情報保護制度とは?

実施機関が保有する個人情報の開示、訂正及び利用停止を求める個人の権利を明らかにするとともに、個人情報の適正な取扱いに関する基本的事項を定めることにより、個人の権利利益を保護することを目的とする制度です。
 

実施機関とは?

市長、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、公平委員会、固定資産評価審査委員会、教育委員会、消防長、公営企業管理者、議会をいいます。

個人情報とは?

氏名・住所・生年月日・職業・収入・財産など、個人に関するあらゆる情報であって、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と組み合わせることにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。)をいいます。

保有個人情報とは?

実施機関の職員が職務上作成・収集した個人情報であって、当該実施機関の職員が組織的に利用するものとして、当該実施機関が保有しているものをいいます。ただし、公文書に記録されているものに限ります。
 
 

個人情報の適正な取扱い

収集の制限

個人情報は、適正かつ公正な手段により、原則として本人から収集します。思想、信条、宗教などその取扱いに注意を要する情報は、原則として収集しません。
 

個人情報の保有の制限

個人情報を保有するにあたっては、法令等の定める所掌事務を遂行するため必要な場合に限り、かつ、その利用目的をできる限り特定し、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を保有しません。
 

利用目的の明示

本人から直接書面(電磁的記録を含みます。)に記録された当該本人の個人情報を収集するときは、原則として、本人にその利用目的を明示します。
 

適正な維持管理

個人情報は、正確かつ最新の状態に保つとともに、漏えい、滅失、き損などがないよう適正に管理し、不要になった個人情報は、速やかに廃棄し、又は消去します。
ただし、歴史的資料として必要なものは、保存します。
 

罰則

職員(職員であった者を含む)などが正当な理由がないのに、電子処理した個人情報のデータベースを提供したときなどには、罰則が科せられます。
 

自己情報の開示、訂正及び利用停止の請求

開示請求できる人は?

実施機関が保有する公文書に記録されている自分に関する情報(自己情報)が記録されている方は、開示請求ができます。
 

開示を請求できる自己情報は?

実施機関の職員が職務上作成・取得した文書、図画又は電磁的記録で、実施機関の職員が組織的に用いるものとして保有しているものに記録されている自己情報です。
 

開示できない保有個人情報は?

制度の対象となる保有個人情報は、原則として開示されます。
ただし、開示できない保有個人情報(不開示情報)として、次のようなものが定められています。
1.開示請求者の生命等を害するおそれがある情報
2.開示請求者以外の特定の個人を識別できる情報で通常他人に知られたくないもの
3.法人等の正当な利益を害する情報
4.公開しないことを条件として任意に提供された情報
5.公共の安全、秩序維持に支障を及ぼす情報
6.審議・検討等に関する情報で、意志決定の中立性等を不当に害する、不当に市民の間に混乱を生じさ せるおそれがある情報
7.実施機関の事務・事業の適正な遂行に支障を及ぼす情報
8.法令や条例により公開しないこととされている情報
 

開示請求の手続

開示請求の方法は?

開示請求書に必要事項を記入してご提出ください。運転免許証や健康保険証など、本人であることを証明する書類と印鑑が必要です。なお、開示請求に係る手数料は、無料です。
 

どこに請求すればいいの?

市が保有する個人情報の開示請求窓口は、実施機関ごとに異なります。
なお、公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団及び公益財団法人柿衞文庫の保有する個人情報の開示請求については、各法人でそれぞれ受付けていますので、当該法人にお問い合わせください。
 

開示・不開示の決定は?

開示できるかどうかの決定は、原則として、請求のあった日から15日以内に行い、書面により通知します。(請求されたその場で直ちに開示することはできません)
事務処理上困難である等の理由により、この期間内に決定できないときは、開示決定等の期限を延長する旨、延長後の期間等を通知します。
 

開示の実施方法は?

決定通知書に記載された日時、場所で閲覧(無料)していただきます。写しの交付を受けるときは、1枚につき10円の費用を負担していただきます。
なお、開示を受ける際も、請求のときと同様に、本人であることを証明する書類が必要です。
 

個人情報の訂正、利用停止の請求

開示を受けた自己情報の内容に事実についての誤りがある場合や、収集の制限に違反して自己情報が収集されたと認める場合、利用及び提供の制限に違反して利用又は提供されたと認める場合は、開示を受けた日から90日以内にその訂正(追加、削除を含みます。)、利用停止(消去、提供の停止を含みます。)を請求することができます。
 

訂正、利用停止の請求方法は?

請求書に必要事項を記入して、開示請求窓口に提出してください。請求する際には、開示請求の場合と同様に、本人であること証明する書類が必要です。また、訂正請求の場合は、そのほかに、事実を証する資料が必要です。
 

訂正、利用停止の決定は?

訂正するかどうか、利用停止するかどうかの決定は、原則として、請求のあった日の翌日から30日以内に行い、書面により通知します。(請求されたその場で直ちに訂正、利用停止することはできませんのでご注意ください。)事務処理上困難である等の理由により、この期間内に決定できないときは、訂正、利用停止決定等の期限を延長する旨、延長後の期間等を通知します。
 

開示、訂正、利用停止の決定に不服があるときは?

請求した自己情報が開示されない、訂正されない、利用停止されないなどの決定がなされた場合、その決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づき、3箇月以内に審査請求を行うことができます。審査請求があった場合は、原則として、伊丹市情報公開・個人情報保護審査会に諮問したうえで、審査請求に対する決定を行い、その旨を審査請求人に通知します。
 

地図情報

お問い合わせ先
総務部総務室 総務課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8015 ファクス072-784-8151

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。