現在の位置

在外選挙制度

在外選挙制度

「在外選挙制度」とは、国外に居住する日本国民(以下、「海外在住者」という)に選挙権の行使の機会を保障する制度です。この制度の対象となる選挙の種類は、衆議院議員選挙と参議院議員選挙のみです。

在外選挙人名簿の登録

海外在住者が投票を行うためには、次の要件を満たし、在外選挙人名簿への登録申請が必要です。

登録の要件

満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上その住所地を管轄する領事官の管轄区域に住所を有している人

在外選挙人名簿に既に登録されている人や、公職選挙法・政治資金規正法により選挙権を有しない人は除きます。

登録申請書の提出先

海外の住所地を管轄する領事官(大使館・領事館など)。

「在外選挙人名簿登録申請書」は、領事館などに用意されています。申請書提出時には、旅券や管轄区域内に引き続き3ヶ月以上住所を有することを証明する書類などの提示が必要です。

申請先

日本国内の最終住所地の市町村選挙管理委員会(ただし、外国で生まれ日本国内で一度も住んだことがない人や、平成6年5月1日以前に外国へ転出しその後日本国内に一度も住んだことがない人は、本籍地の選挙管理委員会)

本人の申請書類は、領事官から外務省経由で各市町村選挙管理委員会に送られます。

登録された人には「在外選挙人証」が交付されます。

在外投票の方法

在外選挙人の投票は、次の3種類の方法があります。

在外公館投票 在外選挙人が在外公館等投票記載場所へ自ら出向いて、在外選挙人証・旅券等を提示してその場で投票する方法です。
郵便等投票 在外選挙人があらかじめ登録地の市町村選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封して投票用紙・投票用封筒の交付を請求し、自宅等に送付された投票用紙に記入して、登録地の市町村選挙管理委員会へ郵送する方法です。
日本国内における投票

選挙期間中にちょうど一時帰国している場合や、帰国後まだ国内の選挙人名簿に登録されていない場合に、国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票する方法です。投票の際は、在外選挙人証の提示が必要です。

国内投票における伊丹市での投票所は、次のとおりです。

  • 選挙当日の投票所:伊丹小学校東棟1階図書室(指定在外選挙投票区)
  • 期日前投票所・不在者投票所:伊丹市役所7階

伊丹市在外選挙人名簿登録者数(平成29年12月1日現在)

合計
44人 64人 108人

 

お問い合わせ先
選挙管理委員会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所7階)
電話番号072-784-8095 ファクス072-784-8144

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。