現在の位置

知っておこう!消火器の処分方法

 消火器は、火災時の初期消火に大変有効なものですが、容器にサビや変形がある老朽化した傷んだ消火器や、耐用年数を過ぎた古い消火器は、いざという時に使用できない場合があるだけでなく、破裂してケガをする危険があります。

消火器放出

このような消火器は廃棄しましょう!

傷んだ消火器

・本体にサビ、破損があるもの

・本体に変形があるもの

・劣化や腐食がいちじるしいもの

・レバーやハンドルが破損しているもの

・ホースの破損やひび割れ、ホースの結合部にゆるみがあるもの

破損

 

耐用年数を過ぎた古い消火器

 消火器の「耐用年数」いわゆる「使用期限」は、業務用消火器でおおむね10年、住宅用消火器でおおむね5年といわれています。

 みなさんのご自宅にある消火器の「製造年」を確認しましょう。

消火器製造年

消火器の処分方法

消火器を一般のごみとして廃棄することはできません。

消防署では消火器の処分や引き取りは行っておりません。

販売店に問い合わせる

 消火器を買い替えると、廃棄する消火器を引き取ってくれるサービスがある販売店もあります。

市内の消防用設備等の事業所に問い合わせる

 下記の一般社団法人兵庫県消防設備保守協会のリンクから市内の事業所を確認して、問い合わせてください。

 

 

一般社団法人兵庫県消防設備保守協会のホームページ

市内の消火器リサイクルシステム取り扱い窓口に問い合わせる

 2010年(平成22年)に製造された消火器には下のようなリサイクルシールが貼られています。リサイクルシールが貼られていない消火器は、リサイクルシールを購入し貼り付ける必要があります。リサイクルシールが貼られていない消火器は窓口で引き取ることができません。

リサイクルシール

(注意)

1 取り扱い窓口で、リサイクルシールを販売していない場合があります。持ち込まれる際は、事前に問い合わせてください。

2 「エアゾール式消火具」や「外国製消火器」などの下の写真のものは対象外ですのでご注意ください。

注意

取り扱い窓口を探すにはこちらをご覧ください。

 株式会社リサイクル推進センターのホームページ内にある「リサイクル窓口検索」から探すことができます。

 

 

リサイクル窓口検索(消火器リサイクル推進センター)

消火器リサイクルシステムについてはこちらをご覧ください。

 

株式会社消火器リサイクル推進センター

社団法人日本消火器工業会

お問い合わせ先
消防局管理室予防課(指導グループ)
〒664-0881伊丹市昆陽1-1-1
電話番号072-783-0799

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。