郷土紙「伊丹公論」

伊丹公論とは

昭和11(1936)年1月、小林杖吉が発行した郷土研究紙。タブロイド版4ページ、1部10銭で当初は月刊だったが不定期刊となり、市制が施行された昭和15年11月10日発行の19号まで続きました。
伊丹町長・市長を務めた俳文学研究者・岡田利兵衞(柿衞)ら当時の伊丹を代表する文化人が寄稿していました。「伊丹酒」「有岡八景考」「郷土土産品紹介」「伊丹俳壇」などの文化的な記事や「酔後録」のような遊び心のある記事も掲載されています。
そして、ことば蔵では小林杖吉の遺志を引継ぎ、73年ぶりに「伊丹公論」を市民との手作りで復刊させました。「伊丹公論」を通して、伊丹の歴史・文化を全国に発信しています。

伊丹公論創刊号

伊丹公論創刊号(昭和11年1月20日発行)
創刊の辞では、史料の散逸に警鐘を鳴らし「我が郷土の正しき歴史を研究してみたい」と表明しています。

当時発行された伊丹公論

  • 【1月号】昭和11年1月20日発行
  • 【2月号】昭和11年2月27日発行
  • 【3月号】昭和11年3月20日発行
  • 【4月号】昭和11年4月25日発行
  • 【6月号】昭和11年6月25日発行
  • 【7月号】昭和11年7月25日発行
  • 【8月号】昭和11年8月25日発行
  • 【9月号】昭和11年9月25日発行
  • 【10月号】昭和11年10月25日発行
  • 【10号】昭和12年1月25日発行
  • 【11号】昭和12年8月25日発行
  • 【12号】昭和13年1月15日発行
  • 【13号】昭和13年3月15日発行
  • 【14号】昭和13年8月2日発行
  • 【15号】昭和14年1月25日発行
  • 【16号】昭和14年9月10日発行
  • 【17号】昭和15年3月15日発行
  • 【18号】昭和15年8月8日発行
  • 【19号】昭和15年11月10日発行

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 市立図書館「ことば蔵」(交流事業・貸室担当)
〒664-0895 伊丹市宮ノ前3-7-4
電話072-784-8170ファクス072-784-8169
【開館時間】平日:午前9時半~午後8時 土・日曜、祝・休日:午前9時半~午後6時
【休館日】月曜日、12月29日~1月3日
【図書整理日等】第1木曜(祝・休日除く)、特別整理期間(6月)は図書サービスが利用できません。1階・4階はご利用いただけます。