現在の位置

11月5日の給食は南中学校、北中学校「トライやる・ウィーク献立」でした

今年5月13日から5月17日までの5日間、「トライやる・ウィーク」として中学校給食センターにおいて職業体験をした、南中学校、北中学校の生徒達が考案した献立を11月5日(火)の給食として提供しました。

献立のテーマは「南北中華day」で、内容は、ご飯、牛乳、エビチリ、大根サラダ、チンゲンサイの中華スープ、梨ゼリーでした。2人が意見を出し合いながら考えた給食ができるまでの様子をご紹介します。

エビチリは、まず小エビのフリッターをフライヤーで揚げていきます。
揚がったエビは、各クラスの人数に合わせて重さを量ります。
手作りのチリソースに使用した豆板醤です。
ボウルで、エビとチリソースをしっかり絡めていきます。
各クラスの食缶に入れて、エビチリの完成です!
大根サラダに使う大根は、ピーラーで皮むきをします。
洗浄が終わったら、スライサーで細長く切っていきます。
蒸して冷却したサラダの材料を和え物用の釜に入れ、ごまとドレッシングを加えます。
よく混ざったら、重さを量りながら食缶に入れます。
チンゲンサイは根元の部分には砂などが付いているので、しっかりチェックをしながら洗います。
スライサーで食べやすい大きさに切っていきます。
スープに使う春雨は、ザルに入れて下ゆでをしてからスープに加えます。
その他の食材や調味料を加え、完成です。
2人のこだわりが詰まった給食ができました。給食センターの調理員の皆さんも「おいしそう!」と話していました。
配膳室にも、2人が書いたポスターが掲示されていました。また、各クラスにも1枚ずつポスターを配布しました。皆さん、お味はいかがでしたか?
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046