現在の位置

学校体育に関すること

積極的に運動に親しむ資質や能力を育てる

  1. 運動に関する興味・関心、意欲を育み、適切な運動の経験を通して、運動に親しむ資質や能力を育て、生涯にわたって楽しく明るい生活を営む態度を育てる。
  2. 体力の向上及び心身の健康の保持増進に関する指導については、体育の時間はもとより特別活動などにおいても、それぞれの特質に応じて適切に行う。
  3. 各種の運動を通して、健康安全に留意し、公正、協力、責任などの態度を育てるとともに授業を通して、心と体の調和を図る。

個に応じた体力・運動能力を高める。

  1. 体育・スポーツ活動を、教育活動全体の中に適切に位置づけ、たくましく生きるための体力の向上を図る。
  2. 「体力向上推進モデル校事業」として小・中学校各1校をモデル校に指定し、基礎的な体力の向上に率先して取り組むとともに、その実践を各学校へ積極的に発信し、体力向上プログラムを意図的・計画的に取り入れ、体力の向上を図る。
  3. スポーツテスト・「伊丹検定スポーツバッジ認定事業」「体力づくりカードの作成」などを通して、児童生徒が自己の体力・運動能力を把握するとともに、それらを自発的・自主的に高めることができるよう指導する。
  4. 個に応じた指導の充実を図り、運動することの楽しさや喜びを味わわせるとともに、運動技能を高める。
お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部保健体育課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8087 ファクス072-784-8083

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。