ZINE(ジン)

自分だけのオリジナルの一冊を作りませんか??

ZINEワークショップで完成した作品は、ことば蔵1階交流フロアで展示中です。
ぜひ、手にとってご覧ください。

ZINE

ジンの作り方。画像に続いてテキストの説明

ZINEって何だ?

「ジン」と読みます。雑誌の「マガジン(magazine)」や同人誌の呼び名「ファンジン」のお尻の文字を略してZINE。「個人や友達どうしで作る気軽な小冊子」をそう呼びます。

起源は自由の国アメリカ

1950年代にサンフランシスコでは詩人が自費出版したり、60年代にはニューヨークの芸術家たちが自分たちの作品をアーティストブックとして発表したり、と自分を気軽に表現するお国柄のアメリカ。一説によると、90年代に若いスケーターが自分のイラストや撮った写真をコピーしてホチキスで留めた簡単な冊子を友人や行きつけのお店に配ったことが「ZINE」のルーツとも言われる、とっても自由なアクティビティなんです。

どんなことでもZINEになる

写真や絵、詩や文章、中には拾ってきたおもしろい形の葉っぱなどを自由にレイアウトして、自分だけのZINEづくりははじまります。テーマは旅の思い出や自分の好きなものから、エネルギーや貧困といった社会問題まで。自分がきになっていることを誰かにそっと伝えるのがZINEの面白さです。たとえ1冊だけしか作れなくても、その1冊にあなたの思いを詰め込んで誰かに読んでもらいましょう。

自由すぎる作り方を楽しんで

原稿をコピーしてホチキスで綴じればできあがり。子どもからお年寄りまで気軽にできるZINEづくり。部数をあらかじめ何部と決めなくてもいいし、コピー用紙がなくなるまで行き当たりばったり。写真が逆さまだったり、ページが抜けているのも「味」なんて言ってしまえる自由さをぜひ楽しんでください。まずは誰かのZINEを手に取って、その人が楽しみながら作った姿を想像してみましょう。

ZINE部フェイスブック

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部市立図書館「ことば蔵」(交流事業・貸室担当)
〒664-0895伊丹市宮ノ前3-7-4
電話072-784-8170 ファクス072-784-8169
【開館時間】平日:午前9時半~午後8時 土・日曜、祝・休日:午前9時半~午後6時
【休館日】月曜日、12月29日~1月3日
【図書整理日等】第1木曜(祝・休日除く)、特別整理期間(6月)は図書サービスが利用できません。1階・4階はご利用いただけます。