【国の制度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)の支給について

更新日:2023年01月05日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、食費等の物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を支給します。

詳しくは、下リンク先「厚生労働省ホームページ」をご覧ください。
厚生労働省ホームページ

厚生労働省コールセンター
電話:0120-400-903(受付時間:平日9時00分~18時00分)

支給対象者

下記1. 2. 3.のいずれか1つに該当する方

  1. 令和4年4月分以降の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、かつ、令和4年度住民税均等割が非課税の者(申請不要。ただし、受給者が公務員の場合は申請要)
  2. 上記1.の者を除くほか、令和4年3月31日時点で18歳未満の子を養育する者で、かつ、令和4年度住民税均等割が非課税の者(申請要)
  3. 18歳までの児童を養育する者で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて勤務先の業績が悪化するなどして収入が急変し、非課税である者と同様の事情にあると認められる者(申請要)
  • 1. 2. 3.のいずれか1つに該当しても、伊丹市以外の市区町村より本給付金の支給対象となった児童や、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給対象となった児童は、支給対象外となりますのでご注意ください。※認識したうえで給付金を受け取った場合は、詐欺罪に問われる場合があります。
  • 所得がない場合については、税申告をしないと住民税は非課税にはなりません。
  • 本給付金を受け取った後、令和4年度住民税均等割が課税となった場合は、支給対象者ではなくなるので、受け取った給付金をただちに返還してください。(返還方法をご案内しますので伊丹市臨時特別給付金等事業推進班まで速やかにご連絡ください。)なお、返還せずにそのまま放置すると、不当利得となり、裁判所を通じた法的措置の対象となりますので十分ご注意ください。(具体的には、訴訟手続きにより裁判所で債務名義を取得したうえで、勤め先の給与や銀行口座を差し押さえいたします。)

支給額

対象児童1人につき、5万円

  • すでに、令和4年度の子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分・ひとり親世帯以外分)が支給対象となった児童分については、対象外です。(他の市区町村からの支給も含みます)

申請方法

1. 令和4年4月分以降の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、かつ、令和4年度住民税均等割が非課税の者(申請不要。ただし、受給者が公務員の場合は申請要)

令和4年度住民税が非課税であることが確認でき次第、自動的に児童手当等の口座に支給します。(申請手続きは不要です。ただし、あらかじめ令和4年度住民税の申告をしていて、同税が非課税となっていることが必要です。)

また、令和5年2月28日までに生まれた新生児については、児童手当認定後、同手当受給者が非課税の場合、自動的に支給対象となります。※ただし、出生届出が遅れたり、児童手当の認定が遅れますと給付金がもらえない場合もございます。予めご了承ください。

児童手当受給者が公務員の場合は、上記内容にかかわらず別途伊丹市臨時特別給付金等事業推進班への申請が必要です(公務員で、かつ、新生児にかかる申請の場合のみ、申請期限は令和5年3月15日までとなります。)。詳しくは、臨時特別給付金等事業推進班までお問合せください。※児童手当を職場から受給している公務員の方については、申請にあたり職場が記載した証明が必要です

よくある質問

2. 上記1.の者を除くほか、令和4年3月31日時点で18歳未満の子を養育する者で、かつ、令和4年度住民税均等割が非課税の者(申請要)

養育している児童が高校生または高校生と同じ学年(年齢)の場合は、下記を参考に必ず申請してください。※申請期限は令和5年2月28日まで(郵送での申請の場合は、当日消印有効)

養育している児童が高校生等の場合の判断フロー(PDFファイル:117KB)

申請書(PDFファイル:341.2KB)

※申請書は給付金専用窓口にも用意しています

3. 18歳までの児童を養育する者で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて勤務先の業績が悪化するなどして収入が急変し、非課税である者と同様の事情にあると認められる者(申請要)

2.および3.の方については、申請が必要です。(キャッシュカードや免許証等が必要です)

また、3.の方については、上記書類のほか、給与明細なども必要となります。

申請は、直接窓口にお越しいただくか、郵送で申請できます。

直接申請される場合は、伊丹市役所新庁舎2階の臨時特別給付金等事業推進班までお越しください。

申請書(PDFファイル:341.2KB)

収入見込額申立書(家計急変)(PDFファイル:605KB)

※申請書・申立書は給付金専用窓口にも用意しています

給与収入のほか、事業収入や不動産収入、公的年金等収入がある方は、下記「所得見込額申立書(家計急変)(PDFファイル)」をご使用ください。

所得見込額申立書(家計急変)(PDFファイル:658.3KB)

個人住民税均等割の非課税相当目安表(PDFファイル:206.5KB)

郵送される場合は、上記「申請書(PDFファイル)」等をご使用ください。

  • 申請期限は令和5年2月28日まで(郵送での申請の場合は、当日消印有効)
  • 郵送で申請された際、万が一、書類や提出書類に不備がある場合は、申請書類を受理せず、書類一式をそのままご返却する場合があります。あらかじめご了承ください。(不安な場合は、給付金専用窓口まで直接お持ちいただくことをおすすめいたします。)
  • 3.の「非課税である者と同様の事情」とは、年収見込額(令和4年1月から令和5年2月までの任意の1か月の収入に12を乗じて得た額をいう。)が市町村民税均等割非課税水準以下であることを指します。
  • 申請者が公務員の場合は、給付金の支給を受けるには、必ず申請が必要となりますのでご注意ください。詳しくは、下リンク先「よくある質問」をご覧ください。

よくある質問

郵送先

郵便番号:664-8503

伊丹市千僧1丁目1番地 伊丹市役所 臨時特別給付金等事業推進班 子育て世帯担当

※切手代は申請者様の負担となります。

給付金専用窓口

伊丹市役所 新庁舎2階 臨時特別給付金等事業推進班 (土日祝日除く、9時~17時30分まで)

重要なお知らせ

  • 高校生または高校生と同じ学年(令和16年4月2日~令和19年4月1日までの間に出生)の児童がいる世帯で、かつ、世帯の中にひとりも課税者がいない世帯に対しては申請書を発送しています。申請書が届いた世帯について、児童の養育者(例:父・母の収入が高い方)が、令和4年度住民税均等割が課税でなければ、給付金を申請することができますので、同封の申請書にて申請してください
  • 上記以外で、市から申請書は届いていない場合でも、児童の養育者が令和4年度住民税均等割が課税でなければ、給付金を申請することが可能ですので、臨時特別給付金等事業推進班までご相談ください。
  • 申請期限は令和5年2月28日まで(郵送での申請の場合は、当日消印有効)
  • すでに、令和4年度の子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分・ひとり親世帯以外分)が支給対象となった児童分については、対象外です。(他の市区町村からの支給も含みます)

給付金に関する振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください

国や市が振込手数料を求めることやATM(現金自動払機)での操作手続きを行うよう連絡することは絶対にありません。

ひとり親世帯の低所得の子育て世帯への支給について

「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」のうち、「ひとり親世帯の低所得の子育て世帯」への給付金については、次のリンク先 「【国の制度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給について」 をご確認ください。

お問い合わせ先(ひとり親世帯以外分)

伊丹市役所 新庁舎2階 臨時特別給付金等事業推進班 (平日9時00分~17時30分まで受付)

電話番号:072-764-7786  ファクス番号:072-784-8083

  • ひとり親世帯分についてのお問合せは、伊丹市役所こども福祉課072-784-8030まで。

この記事に関する
お問い合わせ先

臨時特別給付金等事業推進班
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-764-7786
ファクス072-784-8083