第5次総合計画

計画策定の趣旨

総合計画は、市のまちづくりの目標や目指していく将来の姿を定め、それを実現するための方法や手段を総合的・体系的に明らかにするもので、市のあらゆる施策や計画の基礎になるものです。

近年、地方分権の進展、少子高齢・循環型社会への対応、市民ニーズの多様化、まちづくりに対する市民の参加意識の高まり等により、伊丹市を取り巻く諸情勢が大きく変化し、市民と市が一体となった「協働」によるまちづくりがさらに必要となっています。「伊丹市総合計画(第5次)」は、これらの諸課題に対応し、持続可能な新しいまちづくりを進めるための指針として策定したものです。

総合計画冊子イメージ

計画の構成と期間

総合計画は、次の3つの階層から構成しています。

総合計画の構成を示した図(画像)

基本構想

長期的な展望に立ち、将来どのようなまちの姿を目指すのか、そのための基本的な方針を示します。

計画期間

平成23年度~令和2年度の10年間

基本計画

基本構想の実現に向け、分野別のまちづくりを進めていくための取り組みを示します。

計画期間

平成23年度~令和2年度の10年間

実施計画

基本計画に位置づけられた取り組みについて、具体的な事業を示します。

計画期間

  • 前期: 平成23年度~平成27年度の5年間
  • 後期: 平成28年度~令和2年度の5年間

計画の内容

基本構想・基本計画

実施計画

策定過程

市民会議・審議会

パブリックコメント

関連資料

この記事に関する
お問い合わせ先

総合政策部政策室
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8007 ファクス072-784-8008