生活道路の安全対策に取り組んでいます

更新日:2021年07月15日

交通管理者(警察)と連携し、区域(ゾーン)を定めて時速30キロの速度規制を実施する《ゾーン30整備事業》を実施しています。

   学校園施設(小学校,幼稚園,保育所)や病院、商業施設や学習センター等の生活拠点施設が隣接するエリアでは、子どもから高齢者に至る幅広い世代の人たちが生活道路として道路を利用しています。

こうしたエリアを中心に、歩行者等の安全を確保するため、区域(ゾーン)を定めて30キロの速度規制を実施し、交差点強調表示等の安全対策を必要に応じて組合せ、生活道路の安全度を向上します。

区域(ゾーン)は、交通量や交通事故の発生状況等をもとに、警察が道路管理者や地域の皆さんと協議・調整して決定します。

交差点の安全対策を実施しています。

全国的な交差点での事故を受け、車両の誤進入を防止するため、防護柵の設置等安全対策を実施しています。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市交通部道路室道路保全課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8058 ファクス072-784-8138