新型コロナワクチン接種証明書について

更新日:2022年07月21日

接種証明書のコンビニ交付について

7月26日から、接種証明書のコンビニ交付サービスが開始されます。

サービスの利用には、マイナンバーカードと接種証明書発行料(120円)が必要です。

※海外用の接種証明書を発行する場合は、令和4年7月21日以降に新型コロナワクチン接種証明書アプリ、市窓口等で海外用の接種証明書を取得しており、その時と旅券番号が同じである必要があります。

伊丹市内では、8月17日からセブンイレブンで接種証明書が取得できるようになる予定です。

取得方法等の詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。

接種証明書画像データの保存ができるようになりました

令和4年7月15日より、接種証明書画像データの保存ができるようになりました。

アプリで取得できる接種証明書の画像は、市窓口で発行される接種証明書と同じ様式です。印刷すれば紙の接種証明書として使用できます。

証明書の画像保存機能を使用するには、7月15日以降のアプリのアップデートおよびアップデート後の接種証明書取得(再発行)が必要になります。

取得方法等の詳細は、デジタル庁ホームページをご確認ください。

令和3年12月20日から専用アプリによる接種証明書(電子版)の発行が可能です

令和3年12月20日からスマートフォン上の専用アプリによる二次元コード付き接種証明書(電子版)の発行が開始されます。

従来の紙媒体の海外渡航用接種証明書に加えて、日本国内用接種証明書も発行が可能となります。取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

必要書類

1.スマートフォン(ios13.7以上またはAndroid OS8.0以上)

※マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC TypeB 対応端末)

2.マイナンバーカード及びマイナンバーカード券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の番号)

※「利用者証明用のパスワード」「署名用パスワード」ではありません。3回入力を間違えるとロックされますのでご注意ください。

3.有効期限内の旅券(パスポート)

海外渡航用接種証明書を発行する場合必要です。

アプリの利用手順(PDFファイル:767.3KB)

注意事項

発行には、マイナンバーカードが必要となります。マイナンバーカードの申請方法等については、下記のページをご確認ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)について

アプリの情報については、 デジタル庁のホームページをご確認ください。

デジタル庁ホームページ

よくある質問については、下記のページをご確認ください。

ワクチン接種証明書アプリFAQ

スマートフォンや、マイナンバーカードを所持していない方は、交付申請により紙媒体の接種証明書を交付します

対象者

以下の2つに該当する方

1.新型コロナワクチンを接種した方で、海外渡航の予定がある方。または、日本国内で接種証明書を使用する予定がある方

2.伊丹市で発行した接種券を用いて接種した方

※接種証明書は、接種日に住民票が所在した自治体に申請する必要があります。

(例)住民票所在地が、1回目の接種時は伊丹市、2回目の接種時はA市の場合

1回目分は伊丹市、2回目分はA市で申請する必要があります。

必要書類

(1)申請書

(2)本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

(3)接種事実を確認できる書類(接種済証、接種記録書等)

なお、接種証明書の発行には接種事実の確認が必要となりますので、接種事実を確認できる書類がない場合は、発行までにお時間をいただく場合があります。

接種後に即日交付を希望される場合は、予診票の控え等の接種場所が分かる書類をご提出ください。

(4)返信用封筒(返送先住所を記載し、84円切手を貼付したもの)

郵送申請の場合必要です。

(5)有効期限内の旅券(パスポート)

海外渡航用接種証明書を発行する場合必要です。

(6)委任状と代理人の本人確認書類

本人以外の方が手続きをする場合必要です。

※申請書と委任状は原本、その他の書類は写しで申請可能です。

申請書(12月19日まで 旧様式用)(PDFファイル:68.7KB)

申請書(12月20日から 新様式用)(PDFファイル:376.3KB)

委任状(PDFファイル:45.2KB)

申請方法

原則、郵送申請のみ

接種証明書のデジタル化に伴い、申請件数の増加が見込まれることから、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、原則として郵送申請のみの受付とします。

申請書に必要事項を記入し、上記必要書類と返信用封筒(返送先住所を記載し、84円切手を貼付したもの)を同封のうえ、新型コロナワクチン接種推進班宛に郵送してください。

また、返送先が住民票所在地と異なる場合は、返送先の住所が確認できる書類の写し(本人宛の公共料金領収書や郵便物の写し等)を同封してください。

※やむを得ない事情がある場合のみ、窓口で接種証明書を発行します。ただし、窓口の混雑状況によっては、即日発行できない場合があります。

接種証明書の様式(PDFファイル:640.5KB)

海外渡航用接種証明書が使用可能な国・地域

海外渡航用接種証明書が使用可能な国・地域については、外務省海外安全ホームページをご確認ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種推進班
〒664-8503伊丹市千僧1-1 伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-764-5870 ファクス072-764-7804