新型コロナワクチン接種について

更新日:2022年05月25日

新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ先

 令和3年2月15日(月曜日)に市のコールセンターを開設しました。接種についての全般的な相談や接種予約は市コールセンターに、下記の相談内容に応じて兵庫県または厚生労働省コールセンターにお問い合わせください。

伊丹市新型コロナワクチンコールセンター

相談内容:ワクチン接種全般に関すること

電話番号:072-764-7835 

お電話の際は、必ず電話番号をご確認の上、掛け間違いのないようお願いします

※通話料は発信者負担となります。

受付時間:9時00分から19時30分まで(土・日、祝日も受付)

兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口

 相談内容: 医学的知見が必要となる専門的な相談に関すること

 電話番号:0570-006-733

 ファクス番号:078-361-1814

 受付時間:9時00分から21時00分まで (平日・土日祝)

聴覚に障害のある方は、兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口のホームページ(遠隔手話サービス)をご覧ください。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

相談内容:コロナワクチン施策の在り方等に関すること

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分から21時00分まで

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

ファイザー社ワクチンの有効期限の取扱いについて

ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期限が「6か月」から「9か月」に延長されました。

一方で、有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期限が6か月という前提で有効期限が印字されています。

このようなワクチンについては、有効期限が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととしています。

具体的な有効期限は、下記のロットNo.別ファイザー社ワクチンの有効期限をご確認ください。

ロットNo.別ファイザー社ワクチンの有効期限(PDFファイル:495.4KB)

接種済証に貼付するワクチンシールの有効期限は、訂正シールまたは手書きで訂正を行います。

【伊丹市の医療機関で使用しているファイザー社ワクチンの対象となる主なロット番号】

ロット番号 記載されている有効期限 延長後の有効期限
FK6302 2022年1月31日 2022年4月30日
FJ5929 2022年1月31日 2022年4月30日
FL7646 2022年2月28日 2022年5月31日

悪天候時における集団接種会場でのワクチン接種について

ワクチン接種の中止基準

原則として次の場合、中止とします。

1.伊丹市において、大雨・暴風のいずれかの特別警報が発表された場合

2.伊丹市が警戒レベル3以上を発令した場合

中止の決定時期

午前の接種分:午前7時時点で判断

午後の接種分:午前11時30分時点で判断

中止のお知らせ方法

市ホームページ及び市公式SNS等でお知らせします。

中止した際の対応について

接種日時の変更(予約の振替)を行います。

変更後の接種日時・場所は決定次第、市ホームページ及び市公式SNS等でお知らせします。

ワクチン接種についての注意

基礎疾患のある人、疾患治療中の人、特に喘鳴や息切れが頻繁に起こり、最近1カ月以内に喘息による救急受診や入院歴等のある人、アナフィラキシーなどを含む重いアレルギー反応を起こしたことがある人は、ワクチン接種の前に必ずかかりつけ医に相談してください。

接種を受ける際の同意

ワクチン接種は強制ではありません。接種を受ける方には、接種による感染や重症化予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で同意がある場合に限り、接種が行われます。

ワクチンの効果について

新型コロナワクチンは、発症を防ぐ効果が認められています

新型コロナワクチンQ&A ワクチンの効果【厚生労働省】

地域の医療を守ります

多くの方が接種することにより重症者や入院患者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。

ワクチンの副反応について

どんなワクチンでも、副反応が起こる可能性があります

どんなワクチンでも接種後の痛みや発熱、倦怠感などが生じることがあります。このような症状は、ワクチンが免疫を付けるために生じるもので、「副反応」と呼ばれています。

新型コロナワクチンQ&A ワクチンの安全性と副反応【厚生労働省】

接種を受けた後に健康被害が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
なお、健康被害救済の給付額は、定期接種のA類疾病と同じ水準です。
 現在の救済制度の内容については、厚生労働省のホームページをご参照ください。

新型コロナワクチン接種に係る予防接種健康被害救済制度について(概要)(PDFファイル:169.6KB)

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだまし取る詐欺が確認されています。伊丹市が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

行政機関をかたったなりすましにご注意を

【消費者庁】便乗悪質商法の注意喚起

新型コロナワクチンの情報について

  新型コロナワクチンの情報は、下記の厚生労働省などのホームページをご参照ください。

新型コロナワクチンについて【厚生労働省】(外部リンク)

新型コロナワクチンについてのQ&A【厚生労働省】(外部リンク)

新型コロナワクチンについて【首相官邸】(外部リンク)

この記事に関する
お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種推進班
〒664-8503伊丹市千僧1-1 伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-764-5870 ファクス072-764-7804