新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、国や地方公共団体から支給された給付金等の課税関係について

更新日:2021年10月08日

新型コロナウイルス感染症の影響に伴って国や地方公共団体から支給された給付金、助成金、協力金など(給付金等)について、個別の給付金等によって課税関係が異なります。

給付金等の事実関係によっては課税となるものもあることから、支給額に応じて税負担が生じる可能性があります。

 

課税関係について、詳しくはこちらをご覧ください。

「5 新型コロナウイルス感染症に関連する税務上の取扱い関係」

 

また税負担に応じて、健康保険税等の負担額も影響を受ける場合があります。

当該負担額については、ご加入の健康保険税等の保険者までお尋ねください。