分譲共同住宅共用部分バリアフリー化助成事業

更新日:2022年06月01日

 1.制度の概要

分譲マンションの階段等に手すりや段差解消のスロープを設置するなど、共用部分のバリアフリー化を進めるための工事費の一部を助成します。

2.事業内容

(1)対象住宅

市内にある既存の分譲マンションで下記の1、2のいずれかに該当する住宅

1:平成5年9月30日以前に建築された21戸以上のもの

2:平成5年10月1日から平成14年9月30日の間に建築された21戸~50戸のもの

(2)対象者

市内の分譲マンションの管理組合

(3)対象事業

共用部分のバリアフリー化工事

(注意)詳細は下記の対象工事一覧表を参照

【工事例】

  • 出入口の段差解消のスロープ設置
  • 共用玄関の引き戸への取り替え
  • 階段・廊下への手すりの設置
  • 廊下のノンスリップ化など

分譲マンションの共用部分のバリアフリー化に係る対象工事一覧

分譲マンションの共用部分のバリアフリー化に係る対象工事一覧

改造箇所

工事の内容 種別
必須 選択

外部出入口

出入口の開口幅を確保するための工事
 
その他、高齢者等の利用の安全性、または利便性の向上に資するものの設置  
敷地内通路 スロープ、またはそれに類するものの設置  
スロープを設置した場合の手すりの設置  
その他、高齢者等の利用の安全性、または利便性の向上に資するものの設置  
床面 ノンスリップ化  
廊下等 スロープ、またはそれに類するものの設置  
スロープを設置した場合の手すりの設置  
その他、高齢者等の利用の安全性、または利便性の向上に資するものの設置  
階段 手すりの設置  
蹴込板、及び滑り止めの設置  
その他、高齢者等の利用の安全性、または利便性の向上に資するものの設置  

・上記改造箇所(5区分)のうち、1箇所(1区分)以上の改造を行うこと。その際、助成対象の必須工事を必ず取り入れること。または、施工済であること。

・上記工事の技術的な基準は、原則として、福祉のまちづくり条例施行規則別表3の整備基準によるものとする。

(4)助成要件

兵庫県福祉のまちづくり条例施行規則別表3の整備基準に適合する工事であること。

次のリンクのページを参照してください。

(5)助成額

助成額
助成対象工事費

助成額

7万5千円以上15万円未満

4万円

15万円以上30万円未満

7万5千円

30万円以上60万円未満

15万円

60万円以上90万円未満

25万円

90万円以上

30万円

 

(6)申請受付

1.申請期間

        令和4年(2022年)6月1日(水曜日)~令和4年(2022年)11月30日(水曜日)

        (注意)予算がなくなり次第終了いたしますので、あらかじめご了承ください。

2.受付時間

        午前9時~午後5時30分(正午~午後1時を除く)(土曜日・日曜日・祝日を除く)

3.申請先

        都市活力部都市整備室住宅政策課(市役所の5階北側)

4.その他

        ・助成申請は工事前に限ります。

        ・令和5年(2023年)2月末までに完了する工事に限ります。

        ・過去にこの助成事業を利用した住宅は、再度助成を受けることはできません。

3.助成制度の流れ

助成制度の流れ
工事相談 管理組合の代表者は、市住宅政策課で工事内容等の打ち合わせをする。
申請 管理組合は、申請書を作成し、書類一式を市に提出する。
助成決定 市は書類審査、現況確認等を経て、助成決定を行う。
工事 管理組合は、業者と工事契約締結後、工事を開始する。
完了検査 管理組合は、工事完了届を市へ提出し、完了検査を受ける。
助成金請求 管理組合は、助成金請求書を市へ提出する。
助成金交付 市は、書類審査を経て助成金を交付する。

4.提出書類

申請時の提出書類

  • 分譲共同住宅共用部分バリアフリー化工事実施申請書(様式第1号)
  • 分譲共同住宅共用部分バリアフリー化工事計画書(様式第2号)
  • 管理組合の代表者を証する書類(議事録等の写し)
  • 念書(指定書式)
  • 建築年月日、戸数を証する書類(パンフレット等の写し)
  • 付近見取図(住宅地図、パンフレット等の写し)
  • 工事設計図書(工事図面等の写し)
  • 工事費見積書(写し)
  • 現況写真(工事着工前の写真)
  • その他(住宅政策課から指示があったもの)

工事完了後の提出書類

  • 分譲共同住宅共用部分バリアフリー化工事完了届(様式4号)
  • 分譲共同住宅共用部分バリアフリー化助成事業助成金請求書(様式5号)
  • 工事請負契約書又は工事発注書(写し)
  • 実際にバリアフリー化工事に要した費用を証する書類(領収書の写し等)
  • 現況写真(工事完了後の写真:全景及び主な基準適合を確認できる写真)

5.様式ダウンロード

申請時の提出書類

工事完了後の提出書類

この記事に関する
お問い合わせ先

都市活力部都市整備室住宅政策課
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所5階)
電話番号072-784-8069 ファクス072-784-8070
このページの感想をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。
このページで分かりにくい点等ございましたら、ご記入ください