「伊丹創生人口ビジョン」「伊丹創生総合戦略」について

更新日:2021年03月31日

伊丹創生総合戦略の計画期間の延伸について

 伊丹創生総合戦略の計画期間は、平成27年度から平成31年度までの5年間ですが、次期総合戦略については、令和3年度を初年度とする第6次伊丹市総合計画と一体となす計画として位置づけ、地方創生の取り組みを推進することを予定しています。このことから、総合戦略の計画期間を総合計画の計画期間に合わせるため、令和2年度における目標値を新たに設定し、現総合戦略を1年間延伸することを伊丹創生推進本部会議で決定しました。

「伊丹創生人口ビジョン」、「伊丹創生総合戦略」の策定について

 将来にわたって本市の人口規模とまちの活力を維持するため、人口の現状を分析し、将来展望を示す『伊丹創生人口ビジョン』と、今後5年間(平成27年度~平成31年度)で行う施策をまとめた『伊丹創生総合戦略』を策定しました。

 日本全国で人口減少が進む中、本市人口は微増で推移していますが、国の研究機関の推計では、2060年には15万3千人程度にまで減少するとされています。

 『伊丹創生人口ビジョン』では、様々な角度から人口の分析を行ったうえで、本市が進むべき方向性と人口の将来展望を示し、この将来展望を実現するために、今後5年間で実施すべき施策と目標値を定め、「伊丹創生総合戦略」として策定しました。

 本市は、「さらなる安全・安心を実現するまち」を基本目標の第一に掲げ、この安全なまちで安心して暮らすことを前提としたうえで「未来を担う人が育つまち」「にぎわいと活力にあふれるまち」を実現します。

 

 

 

この記事に関する
お問い合わせ先

総合政策部政策室
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8007 ファクス072-784-8008