ヤングケアラーについて

更新日:2022年06月03日

ヤングケアラーとは

法令上の定義はありませんが、年齢や成長の度合いに見合わない重い責任や負担を負って、本来、大人が担うような家事や家族の介護(障がい・病気・精神疾患のある保護者や祖父母への介護など)、世話(年下のきょうだいの世話など)をすることで、自らの育ちや教育に影響を及ぼしている18歳未満の子どものことです。

ヤングケアラーはこんな子どもたちです

ヤングケアラーに対する支援について

ヤングケアラーの支援を進めていくためには、ヤングケアラーの社会的認知度を向上させていくことが重要であり、周囲の大人がヤングケアラーについて理解を深め、家庭において子どもが担っている家事や家族のケアの負担に気づき、必要な支援や相談窓口につなげることが求められています。

ヤングケアラーに関する相談先

伊丹市子ども家庭総合支援拠点(こども福祉課)では、ヤングケアラーと思われる子どもに関する相談や、ヤングケアラーご本人からの相談を受け付けています。ちょっと困ったり、悩んだりしたとき、ひとりで悩まずに相談してください。

伊丹市子ども家庭総合支援拠点 こども福祉課

  • 電話番号:072-780-3518
  • 受付時間:平日月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時30分まで

兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口

令和4年6月1日より兵庫県ヤングケアラー・若者ケアラー相談窓口が開設されています。

ひょうごっ子悩み相談

  • 電話番号:0120-0-78310
  • 受付時間:24時間

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉部生活支援室こども福祉課(家庭児童相談)
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-780-3518
ファクス072-780-3527