令和3年度麻しん風しん(MR)の予防接種のお知らせ

更新日:2021年04月02日

MRワクチンは、1歳になったら1回、小学校入学前の1年間にもう1回

麻しん風しん(MR)の予防接種が勧められている理由は?

平成19年に若い世代を中心に全国で麻しんの病気が大流行したことを受けて、国は麻しん排除を目標に麻しん・風しん(MR)ワクチンを2回接種できる機会を設けました。対象時期は、1歳の時と幼稚園、保育所(園)の年長の時となっています。過去にかかったと言われたことのある方も、麻しん風しん(MR)の予防接種を受けておきましょう。また最近では大学入学や海外旅行の時に予防接種の接種証明を求められます。体調のよい、早めの時期にこの予防接種を受けておきましょう。

接種対象者

伊丹市に住民登録があり、下記のいずれかの条件にあてはまる人

1. 1歳の誕生日前日から2歳の誕生日前日までの人

2.生年月日が平成27年4月2日から平成28年4月1日までの人(幼稚園・保育所(園)の年長児)

実施期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

接種回数

各1回

費用

無料

持ち物

母子健康手帳、健康保険証、予診票(医療機関にもあります)

副反応について

注射部位の発赤・腫脹(はれ)、しこりなどの局所反応が主ですが、まれに発熱、発疹がでることもあります。接種後30分は医療機関で経過をみて、特に体調に変化がないことを確認してから帰宅しましょう。なにか気になる症状が現れたときは、医師の診察を受けましょう。

実施場所

市内実施医療機関で接種を受けることができます。詳しくは下記をご参照ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉部保健医療推進室健康政策課(母子保健担当)
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (保健センター)
電話番号072-784-8034 ファクス072-784-8139