季節性インフルエンザ予防接種(接種費用一部公費負担)のお知らせ

更新日:2021年09月01日

季節性インフルエンザ予防接種(接種費用一部公費負担)は10月1日から開始します

接種費用の一部公費負担による高齢者インフルエンザ予防接種を市内実施医療機関で令和4年1月31日まで実施します。接種は、12月中旬の流行前までに済ませておくことをお勧めします。予防接種は効果もありますが、まれに副反応が現れることがあります。副反応やまれに起こる健康被害を防ぐためにも、日ごろより健康管理に気をつけて、計画的に健康なときに接種を考えましょう。(事前予約要)

対象となる人

伊丹市に住民登録があり、接種を希望する次の人

・接種当日に満65歳以上

・接種当日に満60~65歳未満の人で、下記の1.2の身体障害者1級相当の人(身体障害者手帳または、診断書の提示が必要です)

1.心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害がある人

2.ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人

注意:ご本人の意思確認ができない場合は、任意接種となります。

実施場所(定期予防接種実施医療機関)

注意

予防接種は居住地の市町村長が責任をもって行うことになっています。伊丹市に住民登録のある方が、伊丹市以外のかかりつけ医での予防接種を希望される場合は、事前に伊丹市立保健センターでの手続きが必要です。詳しくは、本ページ末の「市外で定期の予防接種を希望される方へ」をご確認ください。もし事前の手続きをされなかった場合、接種費用は基本的に全額自己負担となります。

 

実施期間・自己負担額

1.実施期間と接種回数 令和3年10月1日から令和4年1月31日までの間に、1人1回

2.自己負担額   1,500円 (4価ワクチン)

 

持参するもの・その他

・健康保険証(国民健康保険、社会保険など)

 注意:予診票は、市内実施医療機関にあります。

ただし対象の人のうち、生活保護法による被保護世帯に属する人は、「生活保護受給証明書」を、また中国残留邦人支援給付受給者は「支援給付受給証明書」を市内医療機関へ提出すれば無料となります。(いずれも市福祉事務所で手続きが必要です。)

 

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉部保健医療推進室健康政策課(母子保健担当)
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (保健センター)
電話番号072-784-8034 ファクス072-784-8139