予防接種を受ける前に

更新日:2021年03月31日

  • 予防接種は体調の良い時に受けるのが原則です。
  • 発熱している時は、予防接種は受けられません。伊丹市では基準を37.5度においていますが、平熱が低い方は37.5度以下でも発熱していることもあります。保護者の皆様は、お子様の平熱や健康状態を常に把握するよう心がけましょう。
  • 受ける予定の予防接種について、「予防接種と子どもの健康」(医療機関もあります)をよく読んで、必要性や副反応を理解しましょう。
  • 制度が変更になる場合もありますので、必ず広報伊丹でご確認ください。
  • 注射生ワクチン(水痘、麻しん風しん(MR)、BCGなど)を接種後、異なる注射生ワクチンを接種する場合は、27日以上の間隔をあける必要があります。その他の組み合わせ(不活化ワクチンや飲む生ワクチン(ロタ)、注射生ワクチン)は、翌日からでも接種できます。(接種間隔の制限はなくなりました。)

乳幼児予防接種Q&A

Q1 案内は届きますか?

Q2 人にうつる病気にかかりました。

Q3 里帰りで実家に帰っています。予防接種を受けることができますか。

Q4 4種混合1期(又は日本脳炎1期初回)の1回目と2回目の予防接種間隔があきすぎました。大丈夫でしょうか。

Q5 小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種の1回目を3か月の時に接種しました。2回目の接種が2歳を過ぎて接種しようと思ったら、病院で接種できないといわれました。なぜでしょうか。

Q6 日本脳炎の接種勧奨さしひかえのために1回目の接種からあいてしまいました。2回目の予防接種は、どうなりますか。

Q7 子宮頸がん予防ワクチン接種を開始しています。3回目の接種が1回目より1年を過ぎてしまいました。大丈夫でしょうか。

Q8 長期療養のため、定期予防接種が受けられず、対象年齢が過ぎてしまいました。どうしたらよいですか。

Q9 定期予防接種を医療機関へ受けに行きたいのですが、子どもの保護者の体調がよくないため、子の祖母にあたる人が連れていきたいのですが、大丈夫ですか。

Q10 新型コロナウイルス感染症の流行で予防接種を受けそびれました。どうすればいいですか?

回答は次のリンクのページをご覧ください。

他市にある病院がかかりつけのため、そちらで定期予防接種を希望される場合について

やむをえず他市で接種を希望される方は、印鑑と母子健康手帳を持参の上、保健センターで事前申請が必要です。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉部保健医療推進室健康政策課(母子保健担当)
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (保健センター)
電話番号072-784-8034 ファクス072-784-8139