妊婦の方に向けた新型コロナウイルス感染症関連情報について

更新日:2021年10月08日

妊婦の方々に向けた新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の流行が続いており、妊婦の方々は、不安を抱え過ごされているかと思います。厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に対して不安をかけている妊婦の方々への対策をまとめています。以下のリーフレットをご覧ください。

厚生労働省リーフレット

日常生活にぴて、こまめな手洗いうがい、手指消毒、マスクの着用、人込みを避ける、同居の方以外での会食を控えるなど、感染予防を徹底しましょう。

 

妊婦の方の新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

・発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

・強いだるさや息苦しさ、高熱がある場合

1.早めに、かかりつけの医療機関へお電話でご相談ください。

2.かかりつけ医がいない等、相談先に困った場合には、発熱等受診・相談センター(伊丹健康福祉事務所および新型コロナ健康相談コールセンター)へ電話でご相談ください。

連絡先
機関名 電話番号 ファクス番号 時間
伊丹健康福祉事務所 072-785-9437 ———— 平日9:00~17:30
新型コロナ健康相談コールセンター 078-362-9980 078-362-9874

上記以外の平日夜間

(17:30~9:00)

土日祝日

 


・新型コロナウイルス感染症に感染した妊産婦の方へ専門職によるケアや相談支援を行っています。

機関名 電話番号
兵庫県コロナウイルス感染症妊婦相談窓口 078-341-7711

詳しくは、以下のリーフレットをご覧ください。

兵庫県リーフレット


保健センターでも専門職による、電話等の相談を行っています。

電話番号:072-784-8034(母子保健担当)

 

妊娠中の新型コロナウイルスワクチンの接種について

妊娠中でも新型コロナワクチンを接種することができます。妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されています。高年齢での妊娠、肥満、高血圧、糖尿病などが感染症の重症化のリスク因子であるといわれていますので、接種をご検討ください。

 

不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症の検査助成に関して

兵庫県では、自身や胎児の健康等に強い不安を抱えて生活している妊婦の方が、安心して出産を迎えられるよう新型コロナウイルスのPCR検査、その費用の助成を行っています。

詳しくは、以下のリーフレットをご覧ください。

兵庫県リーフレット

働く妊婦の方への支援・相談窓口について

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、働く妊婦の方々は、職場の仕事内容によって、感染への不安やストレスを抱える場合があります。このような方の母性健康管理を適切に行えるように、厚生労働省では、「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置」を設けるとともに、この措置により休業が必要とされた働く妊婦の方のために悠久の休暇制度を設けて取得させる事業主を支援する制度を設けています。

厚生労働省リーフレット


また、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)において、新型コロナウイルス感染症への感染について、不安やストレスを感じた、通勤や働き方でお悩みの妊婦の方を対象に、「母性健康管理等に係る特別相談窓口」を設け、相談に応じています。相談窓口の詳細については、以下のリーフレットをご覧ください。

厚生労働省リーフレット