【6年連続】レファレンス協同データベースの貢献に対し、国立国会図書館長からお礼状をいただきました

更新日:2022年05月10日

レファレンス協同データベースとは

  
 レファレンス協同データベースは、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べもののためのデータベースです。
 公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館等におけるレファレンス事例や調べ方マニュアル、特別コレクションなどのデータを蓄積し、またそのデータをインターネットを通じて提供しています。
 図書館等におけるレファレンスサービスと、一般利用者の調査研究活動を支援することを目的としています。

レファレンス協同データベースのホームページ

 

レファレンス協同データベースへの参加


 伊丹市立図書館「ことば蔵」もこのレファレンス協同データベース事業に参加しています。レファレンス事例の一部は一般に公開しています。

伊丹市立図書館「ことば蔵」レファレンス事例


 2017年11月には、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)による「Library of the Year2017」のライブラリアンシップ賞を「レファレンス協同データベース事業とその参加館および協力者」が受賞しました。図書館「ことば蔵」も参加館の一つとして同賞を受賞しました。

Library of the Year 2017 ライブラリアンシップ賞受賞!


 また、図書館「ことば蔵」が数多くのレファレンス事例を登録したことで、レファレンス協同データベース事業に貢献したとして、平成29年から6年連続でお礼状が送付されました。令和3年度の図書館「ことば蔵」の年間データ登録ポイントは1055ポイントで、参加館第1位でした。累積データ登録ポイントは5575ポイント、調べ方マニュアルの累積データポイントは711ポイントで、ともに兵庫県下の図書館第1位です。

対象館の選定基準

以下の項目について、いずれかの基準を満たした参加館(国立国会図書館(中央館)は除く。)を御礼状の送付対象館とします。

対象データはレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクションとし、登録データ1件につき下表のとおりポイントを付与します。

 
  レファレンス事例 調べ方マニュアル 特別コレクション
自館のみ参照 1ポイント 1ポイント 1ポイント
参加館公開 2ポイント 6ポイント 2ポイント
一般公開 3ポイント 9ポイント 3ポイント

累積データ登録ポイント

令和3年12月31日までに登録されたデータの総ポイント。登録データの公開レベルに応じてポイントを付与し(上表参照)、新たに1,000ポイント以上となった館を対象とします。
ただし、「一般公開」「参加館公開」の令和3年の年間データ登録ポイントの合計が10未満の館は、御礼状の対象外となります。

年間データ登録ポイント

令和3年1月1日から12月31日までに登録されたデータのポイント。登録データの公開レベルに応じてポイントを付与し(上表参照)、200ポイント以上の館を対象とします。
ただし、「一般公開」「参加館公開」の令和3年の年間データ登録ポイントの合計が10未満の館は、御礼状の対象外となります。

調べ方マニュアルの累積データ登録ポイント

令和3年12月31日までに登録された調べ方マニュアルデータの総ポイント。登録データの公開レベルに応じてポイントを付与し(上表参照)、新たに50ポイント以上となった館を対象とします。50ポイントで御礼状の対象となった館は、以後、100ポイント、150ポイント、……に達すれば再び御礼状の対象となります。
ただし、「一般公開」「参加館公開」の令和3年の年間データ登録ポイントの合計が10未満の館は、御礼状の対象外となります。

「令和3年度 国立国会図書館長からの御礼状送付」

令和3年度お礼状

お礼状

令和2年度お礼状

2020年お礼状

平成31年・令和元年度お礼状

2019年お礼状

平成30年度お礼状

2018年お礼状

平成29年度お礼状

2017年お礼状

平成28年度お礼状

2016年お礼状

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

教育委員会事務局生涯学習部 市立図書館「ことば蔵」
〒664-0895 伊丹市宮ノ前3-7-4
電話072-783-2775ファクス072-784-8091
【開館時間】平日:午前9時半~午後8時 土・日曜、祝・休日:午前9時半~午後6時
【休館日】月曜日、12月29日~1月3日
【図書整理日等】第1木曜(祝・休日除く)、特別整理期間(6月)は図書サービスが利用できません。1階・4階はご利用いただけます。