現在の位置

伊丹の将来像

25年後の伊丹の未来像作文 市長賞

25年後の伊丹の未来像作文 市長賞を市立神津小学校6年の定本海渡(さだもとかいと)さん(11)が受賞しました。

25年後の伊丹の未来像作文 市長賞

「伊丹創生人口ビジョン」「伊丹創生総合戦略」

将来にわたって本市の人口規模とまちの活力を維持するため、人口の現状を分析し、将来展望を示す『伊丹創生人口ビジョン』と、今後5年間(平成27年~平成31年)で行う施策をまとめた『伊丹創生総合戦略』を策定しました。

「伊丹創生人口ビジョン」「伊丹創生総合戦略」を策定しました

総合計画(第5次)

平成23年 4月から、10年間のまちづくりの指針となる、伊丹市総合計画(第 5次)がスタートしました。この計画では、市の将来像を「みんなの夢 まちの魅力 ともにつくる伊丹」と掲げ、市民が主体となったまちづくりを実現してまいります。

公共施設マネジメントを推進

みんなでつくる、未来のみんなも笑顔いっぱいのまち

みなさんの暮らしを豊かにする公共施設ですが、全国的に厳しい財政状況の中、老朽化が進んでいます。

伊丹市では、新たな市民ニーズへの対応や利便性の向上、都市の魅力創出につながる「公共施設マネジメント」に先進的に取り組んでいます。

次世代に負担を遺さず、魅力ある公共施設を将来に引き継いでいくため、市民のみなさんと一緒に考え、ともに魅力ある公共施設づくりを目指しています。