現在の位置

関西唯一無二の存在へ「たこやきレインボー」(広報伊丹8月1日号掲載)

たこやきレインボーの彩木さん

 関西を拠点に活動をしている女性5人組アイドルグループ「たこやきレインボー」の一員、彩木咲良さん(17歳。スターダストプロモーション)は中学生時代を市内で過ごしました。
 小学1年生の時に同事務所にスカウトされた彩木さんは、「知らない間に芸能界に入っていた」と話します。
 5年生の時に結成された「たこやきレインボー」のメンバーとなり、同じ事務所のアイドルグループの前座に出演したことでアイドルとして活動を始めます。
 中学に入学した彩木さんは、母の影響で茶道に興味を持ち、みどり園(西台1)の茶道教室に通います。「お茶をたてる時は、心が清らかになり落ち着く。中学では、茶道部に入りたかったけどアイドル活動を頑張ることを選んだ」と話します。
 他にも、「伊丹まちなかバル」やフリーマーケットなど地域密着型のイベントなどに参加し、「伊丹のまちは家族のような温かさがあった」と語ります。
 また、市内で開催していた音楽系のイベントに参加したことでギターに興味を持ち、現在も毎日弾いています。「音楽に触れ合えたのは伊丹のおかげ」と語り、ライブなどでもギターを披露しています。
 9月には「たこやきレインボー」として活動を始めて7年になります。
 しかし、メンバーの脱退など順風満帆ではありませんでした。「脱退は辛かったけど、その経験がグループ間の絆を深め、活動への考え方が変わった」と語ります。今では、メンバーでライブの編成や魅(み)せ方を考え、お客さんに自分たちの気持ちを伝えるように心掛けています。
 彩木さんは「地元の人に愛される存在になって関西といえば『たこやきレインボー』と言われるようになりたい。そしていつか甲子園球場で単独ライブを開催したい」と目標を語りました。
★単独ライブを開催 8月25日(日曜日)、大阪城音楽堂で「オオサカアイドルフェスティバル2019」を開催します。詳しくはキョードーインフォメーション電話番号0570・200・888へ。