現在の位置

だし姫&村重座談会

”だし姫&村重 座談会(2016年度版)” 「だし姫」って​?「村重」って?

荒木村重は、織田信長に仕えた、有岡城主の武将です。「だし」は、荒木村重の夫人。“今楊貴妃”とも謳われたほどの美人だったと伝えられています。

そして、伊丹の商店主等有志の方々により構成された「伊丹を咲かそうプロモーションチーム」のみなさんが、この「だし」にちなんで「現代のだし姫」を募集。さらに2016年度からは、男性モデルの「村重」も募集。”だし姫&村重”として活動しています。

今回は、だし姫の一人、川島美優(かわしま みゆう)さんと、村重の畑辺起津留(はたべ たつる)さんに伊丹のことを伺いました。

川島さんは、だし姫オーディション、始まって以来の高校生、畑辺さんは、初代村重の大学生です。若い二人に、新鮮な伊丹像を語ってもらいました。

「だし姫&村重」の紹介ページ (外部リンク)

”だし姫&村重”の自己紹介

畑辺さん: 音楽大学に通ってます。声楽を学んでます。今、4回生、就職活動中です。趣味はピアノを弾くこと、歌うこと、時々DJもしています。

川島さん: 尼崎の高校に通っています。高校3年生です。部活はもう引退をしたんですが、女子軟式野球部です。レギュラーでキャッチャーをやっていました。最後の試合は5番打者でした。今は、受験勉強中です。

畑辺さんは、サークルは?

畑辺さん: 学校にサークルがなくって。。。オペラ研究部とか、はあるんですけど。テニス部とか、なくって。

一日、みんな音楽してるんですか??

畑辺さん: そんな感じです。

川島美優さんの写真

川島美優さん(17歳)
高校3年生(学校は尼崎)
伊丹生まれ、伊丹育ち
女子軟式野球部のキャッチャーでした

畑辺起津留の写真

畑辺起津留さん(21歳)
大学4回生(通学は大阪方面)
声楽を勉強。市マスコット「たみまる」の役をやったことが!?

お二人とも、伊丹生まれ、伊丹育ち、なんですね。

畑辺さん・川島さん: そうです。

ご両親も、伊丹生まれですか?

畑辺さん: はい、父も、母も伊丹です。

川島さん: うちは、三重県と、尼崎で、結婚して伊丹に来ました。

お二人が、今考えている、将来の夢を教えてください。

畑辺さん: 小さい頃は劇団四季に入りたい、とかレーサーになりたいとか、思っていたんですが、今、聞かれるとはっきりした夢はないような気がして、ただ漠然と、自分の歌とか、表現で周りの人を幸せにできたらいいな、と思っています。

川島さん: 将来は警察官になりたいと思ってます。大学に行きたいとも思っています。行くなら、スポーツ関係のことを勉強したいと思っています。スポーツがずっと好きだったので。中学の時はソフトボールでした。

 

次のページでは...「伊丹について、市外に出るようになって印象は変わった?」「おすすめのスポットは?」

市外の学校に通うようになって、今までと伊丹のイメージに変化はありますか?

畑辺さん: 伊丹は、田舎過ぎず、都会過ぎず、帰ってきたらほっとします。道路とか、伊丹はきれいなまちなんだなあ、って感じています。

川島さん: 自転車で 50分かけて通学してます。結構、大変です。伊丹って、移動しやすいね、って友達に言われます。坂とかも少ないから、端から端まで、遠くないですし。

学校のまわりと、伊丹とだと、違いを感じますか?

畑辺さん: 学校の周りは、線路がすぐそばなので、ちょっとうるさいかな。

川島さん: 家の周りは都会じゃないんですけど、尼崎は、すごいです。自転車が多い。

「伊丹って○○だよね?」なんて人から言われることありますか?大阪と間違えられたり。

畑辺さん: ああ、間違えられたりしますね(伊丹市は兵庫県です)。あとやっぱり空港のイメージが強いみたいです。

川島さん: うーん、普通ですよ。特に、変わったこと、言われたことはない、ですね。他と同じです。はい。

座談会の様子

伊丹でお気に入りのスポットは?

畑辺さん: タリーズコーヒーによく行きます。あと、美術が好きなので、美術館、それから荒牧バラ公園にも自転車ですぐに行けるので。

川島さん: タリーズの近くの、酒蔵(白雪ブルワリービレッジ長寿蔵)の雰囲気、好きです。昔からある感じの。中学の裏にも、そんな感じのところがあって、いいなあ、って思います。

長寿蔵の写真

伊丹の代表的な景観

白雪ブルワリービレッジ長寿蔵のあるまちなみ

荒牧バラ公園の写真

バラの季節には市内外から多くの人が訪れます

荒牧バラ公園

公園は、小さい頃は遊んだりしましたか?

川島さん: タコ公園のタコで遊んでしました。とっても大きい、タコの遊具で。

畑辺さん: 住んでいたところの近くに、社宅の公園があったので、その公園、それと児童公園。伸幸園のところの公園、の 3つで遊んでいました。

伊丹空港には、行くことはありますか?

川島さん: 弟が「飛行機みたい」って言ったら、家族で空港に行きます。スカイパークにも行きます。そこで、お弁当を買って食べたりします。

畑辺さん: 最近は行ってないんですけど、中学のころは、千里川とかでよく見てたり、高校の時、市のマスコット「たみまる」として、空港で出演しました。「たみまる」の役をやる人の募集があって。それに応募したら、出ることになって。で、空港で撮影しました。

伊丹スカイパークの写真

大阪国際(伊丹)空港の滑走路のすぐ隣

伊丹スカイパーク

市内で開催されるイベントには、行きますか?

川島さん: お祭りに行きます。地元のお祭りとか、自衛隊のお祭りとか。友達と待ち合わせして。

畑辺さん: あんまりいかないんですけど、お祭りは近くの公園のお祭りに行きます。

地元のお祭りだと、やっぱり「ビューティフルサンデー」で踊りますか?

川島さん: はい。やっぱり、ビューティフルサンデーですね。

市内で外食するときには、どんなところに?

畑辺さん: 近所のお寿司屋さんが、回転寿司ですけど、注文したらすぐ作ってくれて、気に入っています。

川島さん: スマイル阪神の向かいのラーメン屋さん、おいしいです。行列ができていて、人気です。

市外ではどこに遊びに行きますか?

畑辺さん: 梅田です。梅田のルクア、ヘップ、阪急メンズ館。コーヒーが好きなので、メンズ館の 3階のカフェに、よく行きます。静かで穴場です。買い物は服ばっかり買ってます。ご飯は、阪急百貨店の上の小籠包のお店とか、おいしいです。

川島さん: 大阪行ったり、神戸行ったり、京都に行ったりしています。梅田はたまに、、ルクアとか。ほんとにたまにですけど。三宮だと、センター街で買い物したり、してます。服とか、食べること、とか。野球部で何回か行った、道頓堀にある”道頓堀”っていうお好み焼き屋さん、自分で作れて、楽しくておいしい。

 

次のページでは...「伊丹って、あらためて言うとどんなまち?」「”だし姫&村重”として、どんなことにチャレンジしてみたい?」

では、これまでの話をまとめて、伊丹ってどんなまちですか?

畑辺さん: 生まれも育ちも伊丹なので、故郷なんです。どんなまちか、そうですね...。以前、アイホールの演劇ワークショップにでたことがあって、いい体験だったんです。文化的にも恵まれてるし、プラネタリウム(こども文化科学館)とか、昆虫館とか、教育的にもいい環境だと思います。小学校、中学校...、いい人との出会いがあったな、って思っています。

川島さん: 遊ぶところもたくさんあって、文化もいっぱいあって、お酒の歴史も(伊丹は「清酒発祥の地」です)。お母さんが伊丹のお酒、いいねん、って言ってます。住みやすいまちです。

これからも、伊丹にずっと住みたいですか?

畑辺さん: ずっと住みたいと思います。ぼくの祖母や祖父を見ていても、趣味を楽しんでたり。サンシティホールで楽しく過ごしています。それを見てると、ぼくも、ずっと伊丹に住めたらいいなあ、って思います。

川島さん: 私も、将来、ずっと伊丹に住みたいと思ってます。

都会に出たいとか、思わない?

川島さん: 思わないです。

伊丹のどんなところがいいですか?

川島さん: 教育・文化、いいと思ってます。いろいろ、恵まれているし、自転車でどこでもいけるから、暮らしやすいです。

畑部さんの写真

伊丹は、子どもからお年寄りまで、住みやすいまちです。

川島さんの写真

これからも、ずっと伊丹に住みたいです!

では、伊丹に引っ越そうかなと思っている人にメッセージをお願いします。

畑辺さん: 子どもの教育環境も充実しています。高齢になっても活躍できる。子どもから、お年寄りまで、住んでいいまちだと思います。

川島さん: 若い人からお年寄りまで、住みやすいまちですから、是非、来てください。

畑部さんと川島さんの写真

最後に、これから”だし姫&村重”としてやってみたいことは、どんなことですか?

畑辺さん: 市役所前のコスプレ掃除隊とか、楽しそうでいいなあ、と思っていました。それから、市長と若い人の対談を設定してみたり、伊丹のいろんなところに行って、いろんな人と出会いたいと思っています。

川島さん: 伊丹市外の人にも、伊丹のいいところを伝えられればと思っています。

これから市役所でも、色々なアピールを行っていきますので、よろしくお願いします。今日は、ありがとうございました。

撮影・協力

伊丹を咲かそうプロモーションチーム