現在の位置

充実した医療施設

健康は、誰もが望むこと。安心できる医療を受けられる環境は欠かせません。

伊丹市には、市民をしっかり守ってくれる医療環境があります。市民の健康を地域全体でサポートし、ゆるぎない安心を提供するため、伊丹市の医療環境は進化を続けています。

市立伊丹病院

病院のイメージ写真

健康への関心が高まる昨今、それぞれの病院や診療所等がその特長を活かしながら役割を分担し、病気の診断や治療、検査、健康相談等を行い、住民が住み慣れた地域で自分らしく生活できるよう、地域全体で人々の健康をサポートし、切れ目の無い医療を提供していこうとする地域完結型医療、地域包括ケアの仕組みづくりが進んでいます。

市立伊丹病院は、地域の中核病院として、地域完結型医療、地域包括ケアに貢献し、市民の安全・安心な暮らしを支えています。

市立伊丹病院

休日・夜間の子どもの病気でも安心「阪神北広域こども急病センター」

阪神北広域こども急病センターの写真

阪神北広域こども急病センターは、休日・夜間などにおける子どもの診療を行う初期救急医療機関です。

伊丹市に設置されており、伊丹市・宝塚市・川西市・猪名川町が3市の医師会と兵庫県の協力を得て運営しています。

小児の初期救急に特化した医療サービス供給体制の確立を図るために、時間外診療とあわせて、小児救急に関する電話相談、子どもの急病やけがなどへの対処方法の啓発を行い、住民が安心して子どもを産み、健やかに育てていくことができる環境づくりに取り組んでいます。

診療科目

小児科 15歳以下で中学生まで

「ケガ」 「やけど」 「眼」 「耳」 「歯」の病気は診療できません。

診療受付時間

  • 平日:午後7時30分から翌朝6時30分まで(診療開始は午後8時から)
  • 土曜日:午後2時30分から翌朝6時30分まで(診療開始は午後3時から)
  • 日曜・祝日:午前8時30分から翌朝6時30分まで(診療開始は午前9時から)

診察の様子

阪神北広域こども急病センターのページ

安心な休日等の応急診療

休日などの急病等に対し、市内に「休日応急診療所」や「阪神北広域こども急病センター」「伊丹市口腔保健センター」(休日応急診療)があり、市民の安心な暮らしを支えています。

夜間・休日等の急病・けが

成人の健康づくり(健診)

本市では、生活習慣病の予防やがんの早期発見など、市民の皆様の健康づくりにご活用いただけるよう、各種健診・がん検診・歯科検診を実施しています。

年代別に受診できる健診の種類や受診方法の詳細は、「健診べんり帳」(4月に広報紙と同時宅配)、自治会回覧などでお知らせしています。

成人の健康づくり事業(健診)について

健康遊具で運動不足解消!大人も通いたくなる公園

瑞ケ池公園の健康遊具の写真

市民の健康増進のため、市内の公園には数多くの「健康遊具」が設置されています。

「健康遊具」とは、散歩の途中などに、誰でも気軽にストレッチをしたり、体のツボを刺激したり、筋肉を鍛えたりなど、日常生活での健康づくりができる大人専用の遊具のことです。

毎日の散歩やウォーキングの途中に気軽に立ち寄って運動不足が解消できると好評です。

「瑞ケ池公園」には、17基の健康遊具を設置。気持ち良く全身をストレッチし、筋力を鍛え、リラックスする、一連の流れを考えて設計されているため、楽しみながらメタボ対策やトレーニングをすることができます。

健康遊具の写真

健康遊具の写真

健康遊具の写真

健康遊具一覧

いたみ健康・医療相談ダイヤル24

本市では、24時間年中無休で看護師や医師らに健康や医療に関する相談ができるフリーダイヤルの電話対応を行っています。

「気になる症状や病気のことで悩みがある」「応急手当はどうすればいいのか」「こどもが夜中に熱を出したがどうしたら良いか」「どこの医療機関に行ったら良いか」など、ご相談内容に応じて、看護師・医師らが分かりやすくアドバイスします。

「いたみ健康・医療相談ダイヤル24」のご案内(準備中)