伊丹スカイパーク

北エントランス・大空の丘

トップへ

エントランス案内図

北エントランス

「パークセンター」内、多目的室では公園中央エントランスの街角広場で発見された「弥生時代の灌漑(かんがい)施設」(岩屋遺跡)」のほか、「神津地区の歴史」について、また実際に伊丹空港で使用されていた「航空管制レーダー(※)」などを展示しています。

大空の丘

「だんだんテラス」は、12段からなる芝生と石の大階段。航空機の離陸を見るのに絶好のポイント。
また、多目的広場には「伊丹空港」がアクセスする全国の都道府県にちなんだ木々を植栽した「郷土の森」があります。

だんだんテラス写真

冒険の丘・つつじの丘

トップへ

各エントランス案内図

冒険の丘

広大な芝生の斜面を利用した遊具広場で、ローラーすべり台やジャングルジムのほか、砂場などがあり、その中でもひときわ目を引くのが「キューブアドベンチャー(巨大立体迷路)」です。
中はネットでできた、複雑な迷路になっています。
(子ども達は遊具に夢中。大人は滑走路を眺めのんびりと・・・)

大型遊具の写真

大型遊具の写真

つつじの丘

伊丹市民の花である「ツツジ」。
広さ約2,500平方メートルの斜面に、4種類(ヒラドツツジ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、サツキ)
約1万4,000本のツツジが春にはきれいな花を咲かせます。
丘一面に咲き誇る「ツツジ」は絶景です。

つつじの丘写真

中央エントランス

トップへ

2008年7月12日午前9時グランドオープンエリア

中央エントランス図

中央エントランス

「スカイテラス(展望施設)」には航空機の離着陸情報を表示する「フライトスケジュールモニター※」や、おしゃれな「カフェ※」や「売店」があります。
「スカイテラス」から流れる「カスケード」(小さな滝)とさまざまな表情をみせる「噴水」は、LED照明により夜にはいっそう美しく浮かび上がります。
また公園の玄関口にあたる広場では、ここで発見された「弥生時代の灌漑(かんがい)施設(=岩屋遺跡)」をレプリカにして展示しています。

フライトスケジュールモニター

フライトスケジュールモニター

航空機の到着、出発状況についてリアルタイムの情報を表示。
「どこから来た飛行機か、どこへ飛んで行くのか」がわかります。

hana-hana

cafe'de hana-hana(カフェ・ド・ハナ-ハナ)

ドリンクメニューのほか、おにぎりやサンドウィッチ、カレーパンなどは小さなこどもを連れた家族連れにも評判!
その他に、ソフトクリームやカキ氷、スイーツなど、季節に応じてメニューも変わります。(スカイテラス2F)

夜の噴水写真

夜の噴水とスカイテラス

星空の丘・休息の丘

トップへ

2008年7月12日午前9時グランドオープンエリア

各エントランス案内図

星空の丘

丘の斜面にある坂道は「スターライトパス(星空の小道)」と名付けられた130メートルにも及ぶ夜になると美しく浮かび上がる幻想的な園路です。
中にはLEDで表現した8つの星座も隠れています。空港の色鮮やかな夜景とともに楽しめる憩いの場となるでしょう。

スターライトパス昼

スターライトパス夜

休息の丘

「ITAMIサイン」と「池」からなるエリア。
「ITAMIサイン」は縦5.4メートル、横20.1メートルあり、本市の「伝統や歴史」の象徴である清酒発祥の地における酒蔵や町家の屋根の連続性を主題に、都市の持つ若々しさや活気を付加し、デザインしたものです。

ITAMIサイン(昼)

ITAMIサイン(夜)

翼の丘・南エントランス

トップへ

2008年7月12日午前9時グランドオープンエリア

各エントランス案内図

翼の丘

ここにある見晴台、「ウイングデッキ」はボーイング777の主翼と同じ大きさで幅が約61メートルあり、航空機の大きさを実感していただけます。
またデッキの下には幼児向けの体感型遊具も設置しています。

丘の上の駐車場写真

「丘の上駐車場」はその名のとおり、丘の中腹に設けられた駐車場。
車に乗ったまま空港の滑走路が見渡せる絶好のスポットです。

南エントランス

「南駐車場」や「丘の上駐車場」の入り口となるエリア。
このすぐ南に隣接する「スカイランドHARADA」は、建物屋上に広大なグラウンドや芝生広場があり、ここから見下ろす空港はスカイパークとはまた違った景色が見られます。

飛行機場の夜景