現在の位置

昆陽池公園

昆陽池公園の画像

昆陽池公園(こやいけこうえん)

都市部では珍しい野鳥のオアシス。関西屈指の渡り鳥の飛来地で、秋から冬にかけてはカモなど多くの水鳥が飛来します。また、春には白鳥の抱卵やひなたちを引き連れて泳ぐ可愛らしい姿も見られます。この地はもともと、奈良時代の名僧、行基が築造した農業用のため池。これを市が昭和43年に一部公園化し、さらに47年・48年で現在の姿に整備しました。広さ27.8ヘクタール(そのうち自然池12.5ヘクタール、貯水池4.5ヘクタール)。
平成11年7月、池の水質浄化対策として、水鳥にえさをやるための独立した池、給餌池(きゅうじいけ)を設置、野鳥観察橋も新しくしました。給餌池内では、公園管理者が十分なえさを与えていますので、来園者のみなさんは、食べ残しのえさで水が汚れたり、糞などに触れるのを防ぐため、えさを与えないでください。

昆陽池公園パンフレット(PDF:2.5MB)

伊丹市ポータル「いたみん」による昆陽池公園紹介は次のリンク先をご覧ください。

昆陽池公園紹介

ご来園のみなさまにお願い

  1. 鳥や動物とそれらの糞などには直接触れないようにしましょう
  2. 鳥や動物とそれらの糞に触れる機会が多くなりますので、餌を与えるのはやめてください
  3. 鳥や動物とそれらの糞に触れたら必ず手洗いとうがいをしましょう
    (手洗いは昆陽池センターや売店前の手洗い場、公園トイレなどをご利用ください)
     

施設詳細情報

開設年月

昭和43年4月

所在地

伊丹市昆陽池3丁目

開園時間

常時(ふるさと小径は午前9時~午後5時)

休園日

なし

利用案内

正面入り口(公園西側)を入って右手にある昆陽池センターには、公園全体が見渡せる展望室があります。野鳥を間近に見るには、えさやり場近くにある、池に突き出た野鳥観察橋が一番。公園の一角には、一年中チョウが乱舞する伊丹市昆虫館があります。

駐車場

専用駐車場154台(うち3台は身体障がい者対応。午前9時~午後5時。入庫は午後4時30分まで)

1時間まで200円。以降30分毎に100円加算
(ただし、30分未満の場合は30分とします)

障がいのある人の駐車料金減免について

以下の手帳をお持ちの方及びその介護者の方は、最初の入庫から6時間に限り、全額免除いたします。

身体障害者手帳 1級から4級

療育手帳 AまたはB1

精神障害者保健福祉手帳 1級または2級

注意:割引手続きについては、駐車券を松ヶ丘売店に持参し、事前処理が必要です。

 

設備

みやげものなどの売店2ヵ所、トイレ3ヵ所(うち車いす対応2ヵ所)

車いす対応トイレのマーク

交通機関

市バスJR伊丹・阪急伊丹両駅前4番のりばから松ヶ丘経由西野武庫川センター前行きで松ヶ丘下車、裁判所前経由西野武庫川センター前行きで昆陽池公園前下車すぐ

JR伊丹

阪急伊丹

施設マップ

昆陽池公園の周辺地図

昆陽池公園の案内図

地図情報

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室 公園課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-784-8134 ファクス072-784-8149

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。