現在の位置

フロイスも驚いた名城・伊丹城

平安中期以降、猪名川流域を中心に都の貴族や大社寺の荘園がつくられました。
その管理にあたっていた武士団の中から伊丹氏が台頭、南北朝時代に築いた伊丹城を拠点に摂津の有力大名になります。

天正2年(1574)、織田信長配下の荒木村重が代わって城主になり、伊丹城は有岡城と改名されました。
その有岡城は、ポルトガル人宣教師のルイス・フロイスが「甚だ壮大にして見事なる城」と書き残すほどの名城でした。
しかし、村重は信長に背いて没落、城は間もなく廃城となりました。

武将・荒木村重(あらきむらしげ)

有岡城跡

お問い合わせ先
総合政策部空港・広報戦略室 広報課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8010 ファクス072-784-8107

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。