現在の位置

居合道

「居合道」は剣の理法の修錬を通じた人間形成と、日本文化の伝承を目的とする武道である。

居合道では、日本刀を用い、仮想の敵に対する動作である技(わざ)を稽古する。特徴として、日本刀を鞘に納めた状態から敵の攻撃に対処する点が挙げられる。

居合道の技には、古くより伝わる流派の技(古流)と、各派の基本的な形を抜き出し統合した技(全日本剣道連盟居合)がある。

修武館では、古流(伯耆流居合)と全日本剣道連盟居合を稽古している。

 

居合道の練習の写真