現在の位置

なぎなたは、長い武器で、侍が使っていましたが、威力が強い鉄砲が輸入されてからは女性が身を守るために使われるようになった。

昔のなぎなたには180センチメートル位の長さのものから3メートル以上ある長いものまであった。形もいろいろあり、技(使い方)もいろいろある。

他には見られない長い用具(なぎなた)を自分で扱うのは難しいが、とても面白い。

 

なぎなたの練習写真

 

なぎなたの試合は、面をつけて打突部位を打ったり突いたりする試合競技(個人・団体)と「しかけ・応じ」(基本的な技を組み合わせたもの)、「全日本なぎなたの形」(伝統的ななぎなたの技を組み合わせたもの)から大会ごとに指定された本数を二人一組で紅白に分かれ、その優劣を競う演技競技がある。

 

なぎなたの練習の写真