伊丹立ち呑み巡る図 立ち呑みの楽しみ方/伊丹市ホームページ
現在の位置

伊丹立ち呑み巡る図の表紙

立ち呑みの楽しみ方

立ち呑みの楽しみ方の画像

一.サク飲みで酒場の空気にひたるべし

立ち呑み屋は長居をする場所ではありません。サクッと飲んで次へ行く。ゆっくりし過ぎず楽しむのが流儀。

ちょうちんの画像

いくつか廻ればお店ごとに違うメニューや雰囲気を楽しめます。自分に合うお気に入りの一軒を探してみましょう。

お店の人や他のお客さんとの距離が近いので、ちょっとした気遣いやほどよいコミュニケーションが好まれます。

帰るときは使った器を片付けるのをお忘れなく。

気持ちよい挨拶をして立ち去れば完璧です。

二.袖振り合うも立ち呑みの縁

立ち呑み屋の狭い店内はすぐに混み合います。

立ち呑みの画像

「もう入れない」お店の人がそう言っても、思いやりの気持ちでまだまだ人が入れます。あなたも一歩右へ左へ、身体を斜めへ。開いた場所に是非入れてあげましょう。

隣の人と袖が触れ合う距離の近さが心の距離も縮めます。自然と仲間意識が芽生え、顔見知りになれば、より一層楽しくなります。

あなたが次に行ったとき混んでいても、きっと場所を空けてくれるはず。

三.目指せ常連、カウンターの星

気に入ったお店があれば何度も通ってみましょう。

カウンターの星の画像

お店の人やまちの先輩たちに積極的に話しかけ、顔を覚えられたらあなたも常連に一歩近づきます。

仲良くなればいろいろと教えてくれるでしょう。

おすすめや裏メニューまでわかるようになったらいよいよ仲間入り。ここから本当の楽しみが待っています。

初心者や後輩を優しくフォローできれば上級者。頼れるカウンターの星になれるのも時間の問題です。

  • 発行: 伊丹市中心市街地活性化協議会
  • 事務局: NPO法人いたみタウンセンター(電話: 072-775-6727)
  • 取材協力: 立ち呑み巡り部メンバー

※ このMAPは、阪神・淡路大震災復興基金の「まちのにぎわいづくり一括助成事業」の補助金により作成しました。

NPO法人いたみタウンセンターのページ